水素若手研究会 hydrogen meeting for young researchers

INDEX

概要

日程:2007年8月22日(水)〜24日(金)

場所:ホテルノースイン札幌
(北海道札幌市中央区北4条西7丁目1番4)

参加者数:47名
参加者リスト

主催:第2回研究会実行委員会
(世話人役幹事)
 代表 :中川 鉄水 広島大学
 財務 :中山 保先 神奈川大学
 運営 :菅沼 建太 滋賀県立大学
 渉外 :片岡 理樹 東北大学
 広報 :中村 耕生 関西大学

後援 財団法人 池谷科学技術振興財団
協賛 日本金属学会、日本物理学会、電気化学会、
触媒学会、応用物理学会、炭素材料学会






プログラム

8月22日(水)
14:00〜15:00 受付
15:00〜15:30 開会式
15:30〜17:00 深井先生によるセミナー@
17:00〜17:40 休憩、ホテルチェックイン、ポスター準備
17:40〜19:40 若手研究者によるポスターセッション
19:40〜20:00 移動
20:00〜22:00 懇親会(会場:海鮮と炙り 北のご馳走)
22:00〜 各自2次会、入浴、消灯


8月23日(木)

    〜9:00 朝食
 9:00〜10:30 深井先生によるセミナーA
10:30〜10:45 休憩
10:45〜12:15 中村講師によるセミナー
12:15〜13:45 昼食、ポスター準備
13:45〜15:15 深井先生によるセミナーB
15:15〜15:30 休憩(ポスター準備含む)
15:30〜17:00 松永講師によるセミナー
17:00〜17:15 休憩(ポスター準備含む)
17:15〜18:45 高村講師によるセミナー
18:45〜19:00 休憩(ポスター準備含む)
19:00〜21:00 若手研究者によるポスターセッション(兼夕食)
21:00〜 宿泊部屋で各自親睦会、入浴、消灯


8月24日(金)

    〜9:00 朝食、宿泊部屋のチェックアウト
 9:00〜10:30 深井先生によるセミナーC
10:30〜10:40 休憩
10:40〜11:50 反省会








講演プログラム(特別講師)

特別講師:中央大学 深井 有先生

講演題目:水素が金属に入るとき − 表面から内部への拡散


<講演内容>
1.金属表面上から表面下へ
  ・吸着、拡散、解離
2.内部での水素の拡散
 2.1拡散現象の熱力学
  ・粒子の流れの駆動力-Fickの法則の意味と限界
  ・化学拡散と相分離
 2.2固有拡散とその機構
  ・セルフトラップ状態
  ・拡散機構
3.金属原子拡散に及ぼす水素の効果
  ・超多量空孔生成
  ・拡散促進効果
4.めっきにおける水素の効果


深井先生の略歴

学歴・職歴 業績説明 主要業績





講演プログラム(若手講師)


若手講師

講師氏名 所属 講演題目
中村 優美子 講師 産業技術総合研究所 水素貯蔵材料の構造解析
高村 仁 講師 東北大学 酸素透過膜を利用したメタンからの水素製造
松永 朋也 講師 トヨタ自動車 燃料電池自動車における水素貯蔵材料および
タンクの研究開発


※講師名をクリックすると略歴を、講演題目をクリックすると概要または発表目次を閲覧できます 

 








ポスター発表


詳細

※クリックするとポスター発表者・発表内容リストが閲覧できます。

Copyright (C) 2006-2010 水素若手研究会 , All rights reserved.