水素若手研究会 hydrogen meeting for young researchers

INDEX

概要

日程:2006年3月24、25日
場所:(独)産業技術総合研究所 臨海副都心センター (東京台場)
参加者数:53名
参加者リスト

主催:水素若手研究会実行委員会(世話役幹事)
 ◆亀川厚則(東北大学)
(実行委員)
 ◆池田一貴(東北大金研)
 ◆市川貴之(広島大学)
 ◆礒部繁人(広島大学)
 ◆蕪木智裕(日産自動車)
 ◆京井大典(東北大学)
 ◆清林 哲(産総研関西セ)
 ◆中森裕子(東北大金研)
 ◆信木 関(東海大学)
 ◆宮尾敏広(神奈川大学)
 ◆宮岡裕樹(広島大学)
 ◆中川鉄水(広島大学)





プログラム

3月24日(金)
〜9:30 集合
 9:30〜10:00 参加者による会場設営
10:00〜12:00 セミナー「水素のαからωまで」
(講師:(独)産業技術総合研究所 栗山信宏 博士)
12:00〜13:00 休憩(昼食)
13:00〜14:00 ショートプレゼンテーション(グループ代表者による)
14:00〜15:30 ポスターセッション(第一部)
15:30〜17:00 ポスターセッション(第二部)
17:00〜18:00 栗山博士を囲んでのディスカッション
19:00〜
親睦会(於:新橋)
3月25日(土)
〜9:30 集合
 9:30〜11:30 ディスカッション(第一回若手研究会開催に向けて、他)
11:30〜12:00 参加者による会場片付け
12:00
解散








ショートプレゼンテーション



発表者 所属・グループ オーラル発表タイトル
花田信子 広大・藤井研 「広島大学においての水素貯蔵材料研究」
梅田和巳 九州共立大・牧原研 「反応性メカニカルミリング(RMM)法で作製したMg-ZrMn2系複合化物質の水素吸蔵・放出特性」
京井大典 産総研・境G 「FCC超格子水素化物Mg7MHx (M = Ti, V, Zr, Nb, Hf, Ta)の精密構造解析と水素放出特性」
宮尾敏広 神奈川大・内藤研 「逆ミセル法で調製した金属内包シリカ超微粒子におけるナノサイズの中空発現機構と水素吸蔵特性」
信木 関 東海大・久慈研 「CaMg系合金の創製と水素吸蔵特性」
伊東正浩 阪大・町田研 「水素透過型膜反応器によるアンモニア合成」
亀川厚則 東北大・岡田研 「東北大学岡田研究室における水素貯蔵材料に関する研究」
斉田愛子 北大・CAREM 「気相合成したMgH2の水素吸蔵特性」
山崎仁丈 東北大・小池研 「水素による金属原子の拡散促進効果」
小宮健嗣 名大・森永研、鈴鹿高専
飯田遼 関西大・竹下研 「関西大学水素エネルギー材料研究室の現在の研究内容」
中森裕子 東北大・折茂G 「ペロブスカイトおよび錯体水素化物-合成・構造解析・水素貯蔵特性-」








 

ポスター発表


詳細

※クリックするとポスター発表者・発表内容リストが閲覧できます。

Copyright (C) 2006-2010 水素若手研究会 , All rights reserved.