広島大学大学院教育学研究科博士課程前期 教職高度化プログラム

教職高度化プログラムを希望する皆さんへ

「スーパールーキー」「スーパーエース」をめざしている皆さん、 教職高度化プログラムにようこそ。担当委員会を代表して、心より歓迎いたします。

広島大学大学院教育学研究科博士課程前期に設置されています教職高度化プログラムは、これからの学校教育のリーダーとなれる資質をそなえた教員の養成をめざしています。

このプログラムには、大きく次の3つの特色があります。

  • 初等教育開発プログラム、中等教科教育開発プログラムでは、附属学校や連携協力校でのアクションリサーチ実習や課題解決実習、学校経営・行政開発プログラムでは教育委員会や学校での実務実習を中心に、それらと密接に関連する授業科目群によってカリキュラムは編成されています。
  • 一人の大学院生を、指導教員・実務家教員・学校等の熟達教員(メンター)の協働的な連携で育てるユニークな教員養成システムを取り入れています。
  • 高度化全体の共通科目、各プログラム内での共通授業科目や合同発表会など、教科を越えた学生間での、あるいはストレートマスターと社会人院生との世代を越えた学生間での協同的な学びを重視しています。

もちろん、どのようにすばらしい制度やカリキュラムが用意されていても、それだけではリーダーとして育っていけません。日本の、世界の子どもたちのためにつくそうとする皆さんの大きな夢や志が必要だと思います。目標の実現に向かって、ともに学び、ともに伸びていきましょう。
教職高度化プログラム担当委員会委員長
田 中 宏 幸