2011年度HINDAS第6回研究集会 報告

2011年度HINDAS第6回研究集会
日時:2011年12月25日(日)14:40-17:20
場所:広島大学大学院文学研究科 1階B104講義室

<報告1>
山下清海(筑波大学):インドの華人社会とチャイナタウン

【報告・討論内容】

 日本における華人社会研究の第一人者である山下清海先生により、インドの華人社会とチャイナタウンの実態について報告いただいた。最初に、世界の華人社会の動向が示されたうえで、インドが華人社会研究の「空白地域」であること、そのため研究が進んでいないことなどの課題が指摘された。この点を踏まえ、インド最大の華人人口を抱え、同国で唯一チャイナタウンが形成されているコルカタでの調査をもとに、華人社会の実態が報告された。コルカタの華人は皮革業の経営等により一定の成功を得てきたが、中印国境紛争等の影響による華人排斥の動きや皮革業からの撤退等がみられた。これに対し、華人たちは皮革業から中国料理店に転身するなど、独自の適応戦略をとることで存立を図っていることが明らかにされた。
 討論では、近年移住してきた新華僑と呼ばれる中国人のインドへの移動動向、共産党政権と華人社会との関連、企業経営の内容、ネットワークについての議論等が展開された。(宇根)




<報告2>
Shanmugam Pillai Subiah(University of Madras)
Indian Agriculture and Green Revolution


 India is not able to sustain its green revolution since 1990s because of its shift of economic focus more towards secondary and tertiary sectors on the advent of globalization. This global process of transnational trade is expected to increase crop productivity and export of farm products. However, productivity growth is either marginal or negative; net area under crops and area under food crops are declining; non-agricultural use of arable lands and non-food crop cultivation are found increasing; and farmers are becoming more and more indebted and farmers’ suicides are more frequent. More suicides are reported in Maharashtra, Andhra Pradesh and Karnataka. Paddy acreage dropped from 32 per cent in 1992-95 to 20 per cent in 2003-2006. Urban sprawl gets accelerated at the expense of farm land, with the formation of Special Economic Zones which are now 540 in number. Village open lands are rapidly disappearing, resulting in a decline in livestock farming. With the spurt in construction activities in urban areas, farm labourers are lured by higher wages in towns and cities, and thus cultivators and land-owners face a serious problem of labour shortage for farm activities.  Mechanization of farming is obviously more wide-spread now, and farmers rent in these farm machines. This anxious situation in agriculture is largely due to liberalization and corporate globalization. Mono-cropping, high input cost, falling prices for harvested products, crop failure, high indebtedness, and poor availability/accessibility of insurance plans are the current reality of Indian agriculture, resulting from economic liberalization. Thus there emerges a greater urgency for a Second Green Revolution to India to overcome the challenges in agriculture due to globalization, and to turn the table for the advantage of Indian farmers to have a sustainable agriculture. (Shanmugam Pillai Subiah)

【討論内容・座長所見】
 1960年代後半に導入された「緑の革命」(Green Revolution)によりインドの農業は大きく変化し、そして発展してきた。本報告では、1991年の新経済政策の導入ならびにその後のIT革命が、インド農業にどのような影響をもたらし、そしてインド農業の現状がどのようになっているかを、統計データとタミル・ナードゥ州の事例をもとに、具体的に示された。都市化・工業化の進展により農地が住宅用地・工業用地へと転用が進んでいることや、村内での農業労働者の確保が難しくなり農業用機械の導入やコントラクターへの委託耕作もなされるようになっていること、さらに1990年時点と現時点の比較から農作物の生産量や生産性が減少・低下していることなど、興味深い事実が報告された。
 質疑応答では、インドの土地利用区分ならびにウッタルプラデーシュ州を例に都市近郊での土地利用変化と家畜飼育について、質問がなされた。後者については、都市近郊ではこれまで放牧地として利用されていたものが住宅用地や工業用地として利用される一方で、家畜飼育の形態は放牧から屋内飼育が中心になっているとの回答があった。(南埜 猛)

 

戻る