研究集会の案内

2014年度HINDAS第6回研究集会

主催:HINDAS 研究ユニット1(「経済発展と空間構造の変動」) ,
研究ユニット2(「都市・農村の発展と社会変動」)

「現代インド地域研究」広島大学拠点では、10月25日(土),26日(日)に下記の要領で第5回研究集会を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

2014年度広島大学現代インド研究センター 第6回研究集会

テーマ:「ポストグローバル化期の大学教授職 -アジア・ヨーロッパの概観と事例研究-」

日時:10月25日(土)・26日(日)
場所:広島大学大学院国際協力研究科1階大会議室
http://www.hiroshima-u.ac.jp/idec/access/
※いつもの文学研究科とは異なりますのでご注意ください。
西条駅からは「大学会館前」バス停が最寄り駅となります。

共催:京都大学地域研究統合情報センター(「相関地域研究」プロジェクト)、
   広島大学教育開発国際協力研究センター

<趣旨説明>
「グローバル化の進展や知識基盤社会への移行といった世界的潮流は、各国の新自由主義的政策とあいまって、当該国における高等教育システムの拡大や構造の変化、大学の機能や構造の変化を生じさせ、それによって大学教員のあり方にも変容をもたらしている。
本ワークショップでは、まず日本の状況を手がかりとして、大学教授職をめぐる状況に関する分析枠組みを提示する。続いて、アジア・ヨーロッパの状況について概観する。その上で、南アジアのインド、東南アジアのベトナムの事例について検討する。以上をふまえ、最後に、大学教授職をめぐる状況の展望と課題について議論する。

<報告内容>
●10月25日(土)
13:30-13:45
趣旨説明 押川文子(京都大学地域研究統合情報センター)

13:45-14:15
南部広孝(京都大学大学院教育学研究科)
「大学教授職をめぐる状況に関する分析枠組み―日本の状況をてがかりとして」

14:15-15:45
黄 福涛(広島大学高等教育研究開発センター)
「アジア6カ国における大学教授職の国際比較」
コメント:日下部達哉(広島大学教育開発国際協力研究センター)

16:00-17:30
井上史子(帝京大学高等教育開発センター)
「ヨーロッパにおける大学教授資格の導入とその後の変化―オランダを事例に」
コメント:佐々木宏(広島大学大学院総合科学研究科)

18:00-   懇親会

●10月26日(日)
09:00-10:15
渡辺雅幸(京都大学教育学研究科博士後期課程)
「インドにおける大学教員像の変化」
コメント:小原優貴(東京大学大学総合教育研究センター)

10:25-11:40
関口洋平(京都大学教育学研究科博士後期課程)
「ベトナムにおける大学教授職の特質―大学教授の資格要件を手がかりに」
コメント:針塚瑞樹(別府大学教職課程)

11:40-12:00 総合討論


【参加対象:一般参加歓迎】
本集会は教職員・学生・一般の方など多くの皆様のご参加をお待ちしております。
参加ご希望の方は資料作成等の都合上,あらかじめ事務局にメール yune<アットマーク>hiroshima-u.ac.jp(研究員:宇根宛)をお送りください。
メールのご送付にあたっては、以下の情報を記載ください。
メールタイトル:HINDAS第6回研究集会参加
必要事項:ご氏名,ご所属,懇親会参加有無もお知らせください

HINDAS Research Unit1&2
The 6th Regular Seminar (FY2014)
Date: 25th, Oct. 2014 and 26th, Oct. 2014
Venue: Large Conference Room, Graduate School for International Development and Cooperation, Hiroshima University

 

戻る