活動状況

2017年度 HINDAS 第5回 研究集会 報告

共催:地理科学学会

地理科学学会2017年度秋季学術大会・第34回シンポジウム

要旨集

【テーマ】現代インドの空間構造

【日時】2017年11月12日(日)10:00〜16:45

【場所】広島大学大学院 文学研究科 (東広島キャンパス)

【オーガナイザー】岡橋秀典・友澤和夫・由井義通(広島大学)

【趣旨】

新興大国インドでは、経済の高度成長にともない、大都市圏の急速な発展、産業地域の出現、都市と農村の結合強化、地域格差の拡大といった空間にかかわる構造的な変動が生じている。広島大学では、現代インド研究センターを中心に、こうした同国の変貌を明らかにすべく地域研究を継続的に実施してきた。本シンポジウムは、この現代インド研究の成果を確認するとともに、様々な立場にある研究者との議論を通じて、研究をさらなる発展へと導くために企画するものである。

本シンポジウムでは、現代インドを空間的に俯瞰することから始める。具体的にはGIS分析によりインドの主要事象の空間的動向を確認する。その後、農業や製造業、ICT産業を事例に、それぞれの産業空間の特性と動向を探る。そして、近年最も大規模な地域変動が生じた郊外空間に目を向け、そこで進展する開発の動向を捉えた上で、アーバン・ビレッジ化する農村の実情を描き出す。同時に、大都市から遠く離れたヒマラヤ山岳地域の動向を捉え両者を対比的にみる。最後にインドの経済空間と産業空間の係わりを、労働市場を介して論じる。

 

【報告】

友澤 和夫(広島大学)「趣旨説明」

                            

鍬塚 賢太郎(龍谷大学)「インドの空間構造に関するデータ分析」

                            

後藤 拓也(高知大学)「ブロイラー養鶏産業の立地シフトと新興産地形成」

                            

宇根 義己(金沢大学)「繊維・アパレル産業の空間構造とネットワーク」

                            

石上 悦朗(福岡大学)「ICTサービス産業のダイナミズムとグローバル化」

                            

由井 義通(広島大学)「郊外開発と住宅供給」

                            

森 日出樹(松山東雲女子大学)「アーバン・ビレッジ化する郊外農村」

                            

岡橋 秀典(広島大学)「ヒマラヤ山岳地域の構造変化と低開発問題」

                            

友澤 和夫(広島大学)「インドの経済空間・産業空間・労働市場—自動車産業の分析を通して」

                            

松原 宏(東京大学)コメント

                            

内川 秀二(専修大学)コメント

                            

総合討論

                  

 

戻る