概要

現代インド地域研究とは

 広島大学現代インド研究センターは,人間文化研究機構の地域研究推進事業「現代インド地域研究」の一環として,同機構と広島大学によって2010年度に共同設置された研究拠点です。この事業は当センターのほか,中心拠点の京都大学東京大学国立民族学博物館東京外国語大学龍谷大学の全6拠点を結び,共同して現代インド地域研究拠点の形成とネットワークの構築を進めています。当センターでは,「現代インドの空間構造と社会変動」をテーマに研究しています。



本拠点の目的

 インドは,経済自由化政策に転じた1990年代以降,急速な経済発展を遂げてきた。その急成長は世界的な注目を集め,新興経済大国BRICSの一角とみなされている。しかしながら,インドはこれまで,貧困,人口問題,民族紛争,環境破壊,自然災害など多くの重要課題を抱えてきた国であり,それゆえ,これらの諸課題を明確に意識した地域研究を推進し,経済発展にともなう変化とその多様な地域的実態の把握に努める必要がある。残念ながら,日本では現代インドを対象とする研究者は相対的に少なく,研究ネットワークや情報共有システムも未整備なままである。そのため,日本の現代インド地域研究は他地域に関する研究に比べて著しく立ち遅れ,社会の要請に十分応えているとは言えない。
  広島大学は過去40年以上にわたり,インドを中心に南アジアの地域研究を継続的に行ってきた。特に,日本学術会議の勧告を受けて学内措置で設立された広島大学総合地誌研究資料センター(平成18年3月廃止)はその中核として,多大な成果をあげてきた。このセンターは,海外地誌研究と地誌情報解析の2分野を軸とし,前者では,フィールドワークにより自然・人文両面にわたる地域研究を行い,後者では,データベースなどの地誌情報の検索システムの開発と地誌学研究のための地理情報システム(GIS)の構築に努めてきた。その結果,インドに関する研究の蓄積や収集資料の集積は日本有数のレベルに達している。当センターは,これらの蓄積を活かして,GISに基づく情報共有システムを新たに整備するとともに,個別研究者を研究ネットワークにより有機的に結びつけ,主に空間的な側面から現代インド地域研究を推進することを目的とする。