日本学術振興会「頭脳循環を活性化する若手研究者海外派遣プログラム」事業

日本学術振興会「頭脳循環を活性化する若手研究者海外派遣プログラム」
に当センターの岩谷彩子研究員が選ばれ,派遣されています

 

 現代インド地域研究(INDAS)は,国立民族学博物館拠点(MINDAS)を代表機関として,日本学術振興会「頭脳循環を活性化する若手研究者海外派遣プログラム」に基づく「現代南アジア研究の国際ネットワークの形成」事業を推進しています。広島大学拠点(HINDAS)からは,岩谷彩子氏(広島大学・社会科学研究科)が平成22年度から海外へ派遣されています。HINDASでは,岩谷氏の活動などを随時報告していきます。

プログラムについて(公募案内,MINDASウェブサイト

<ご案内>

 

戻る