大会・例会・催事の履歴は、こちらをクリックの上、参照ください

第123回例会
海の見える杜美術館「香水瓶の至宝―祈りとメッセージ―
/知られざる竹内栖鳳―初公開作品を中心に―」見学

海の見える杜美術館では、3月よりリニューアルオープン記念展示 「香水瓶の至宝―祈りとメッセージ―」が開催中です。併設の竹内栖鳳展示室では「知られざる竹内栖鳳―初公開作品を中心に―」も開催されており、館蔵品も観覧できます。 同美術館では香水瓶や近代日本画は、その主要なコレクションの分野となっています。また、今回は栖鳳の唯一の油絵作品《スエズ景色》も展示されています。

http://www.umam.jp/exhibition.html

 

■集合
○とき
2018年5月26日(土) 10:30頃
○場所
海の見える杜美術館 正面玄関エントランスに集合

 

■交通
○タクシー利用(美術館正面玄関につけられます)については領収書の提示により、タクシー1台につき1名分の入館料が無料となります。
《参考》宮島口駅より正面玄関まで、タクシーで約10分、約1500円程度。
 
○自家用車 来館者用の駐車場からシャトルバスで正面玄関まで送迎があります(約5分)。
駐車場から正面玄関まで、徒歩で15分程度。

 

■昼食
  フランス料理「 セイホウ・オンブラージュ 」美術館から徒歩5分   約2000円

 

■観覧内容
○午前 10:30~11:45  美術館1階
 栖鳳展示室を中心に観覧。同館学芸員による解説があります。
○午後 13:00~15:00
 美術館2階 リニューアルオープン記念展示を中心に観覧。
 13:30から約30分、同館学芸員のギャラリーツアーがあります。

 

■申込み
 メール :hirogei@hiroshima-u.ac.jp (お名前と緊急連絡先をお知らせ下さい)
 締切:5月10日(木)