ホームカミングデー特別企画資料展「昭和の造船教育者・濱本博登」

 ホームカミングデー特別企画資料展「昭和の造船教育者・濱本博登」を開催いたしました。
 広島大学文書館では、平成24年10月30日(火)~11月 5 日(月)の期間、大学院工学研究科と呉市海事歴史科学館との共催にて、中央図書館1Fロビーを会場に、ホームカミングデー特別企画資料展「昭和の造船教育者・濱本博登」を開催いたしました。
 故濱本博登(はまもと ひろと・広島大学名誉教授)氏は、旧制広島工業専門学校時代から約28年にわたり、本学の工学部で造船学の専門家として教育研究に情熱を傾けられた方です。本企画展示では、こうした濱本氏の事績を通じて、戦艦大和に象徴される戦時中の造船技術が戦後の造船業に与えた影響を紹介しました。
 期間中は多数のご来場者の皆さまに足を運んで頂くことができました。厚くお礼申し上げます。
 展示の模様について若干の写真を紹介するとともに、PDF版の展示目録を公開します。

※ご来場の方で掲載した写真に不都合がございましたら当館までご連絡くださいますようお願いいたします。

10月30日(火) 記念式
挨拶を述べる浅原利正広島大学長
挨拶を述べる浅原
利正広島大学長
小池聖一文書館長
小池聖一文書館長
吉田総仁大学院工学研究科長
吉田総仁大学院
工学研究科長
呉市海事歴史科学館戸髙一成館長挨拶を代読する笠井康弘同館副館長
呉市海事歴史科学館戸髙
一成館長挨拶を代読する
笠井康弘同館副館長
 
 
テープカットのもよう
テープカットのもよう
記念撮影
記念撮影

(左から濱本博登氏ご令嬢でご次女の中村光子様とご長女の望月昌子様ご姉妹、資料寄贈者濱本隆夫様代理として御令室の濱本彩乃様、浅原学長、吉田研究科長、笠井呉市海事歴史科学館副館長、小池文書館長)

小池館長による展示解説に聞き入る参列者の皆さん
小池館長による展示解説に聞き入る参列者の皆さん
展示資料に見入る来場者の皆さん
展示資料に見入る来場者の皆さん

展示のもよう
会場正面入口
会場入口正面
濱本先生の講義ノート・書類のコーナー
濱本先生の講義ノート・書類のコーナー
濱本博登関係文書に含まれていた「昭和47年度広島大学大学院工学研究科第2次(専門科目)入学試験問題」も複製拡大して展示した
濱本博登関係文書に含まれていた「昭和47年度広島大学
大学院工学研究科第2次(専門科目)入学試験問題」も複製
拡大して展示した
濱本先生お手製の教科書「造船工学大意(中)」
濱本先生お手製の教科書「造船工学大意(中)」
11月3日(土)ホームカミングデー当日のギャラリートーク
ギャラリートークのもよう
ギャラリートークのもよう
多くの参加者が解説を聞きながら展示品に見入った
多くの参加者が解説を聞きながら展示品に見入った
ホームカミングデー当日に会場に足を運んでくださった関係者との記念撮影(左から濱本名誉教授と仕事をされた平尾三郎様(元工学部船舶工学科技官)、小池館長、教え子の末永一郎様(工学部船舶工学科昭和37年卒業生)、資料寄贈者の濱本隆夫様、中村光子様)
ホームカミングデー当日に会場に足を運んでくださった関係者との記念撮影(左から濱本名誉教授と仕事をされた平尾三郎様(元工学部船舶工学科技官)、小池館長、教え子の末永一郎様(工学部船舶工学科昭和37年卒業生)、資料寄贈者の濱本隆夫様、中村光子様)
展示目録PDF(PDFデータでダウンロードできます)