「災害等の発生に伴う史・資料保護に関する相互協力協定」を締結しました

掲載日 : 2011年12月16日
リンク用URL :

平成23年9月15日、災害時に協力して資料を保護することを目的とした「災害等の発生に伴う史・資料保護に関する相互協力協定」を広島県立文書館との間で締結しました。

今回の東日本大震災では、被災した古文書や公文書の救出・修復が大きな課題となっています。本協定は、こうした事態が発生した際に速やかに支援を行うなど、相互に協力する体制を構築するためのものです

災害等の発生に伴う史・資料保護に関する相互協力協定書

災害等の発生に伴う史・資料保護に関する相互協力協定書の解説

広島大学文書館小池聖一館長(左)と広島県立文書館八津川和義館長(右) 広島大学文書館小池聖一館長(左)と広島県立文書館八津川和義館長(右)
調印の様子 調印の様子