「平成28年度 広島大学公文書管理研修(基礎編)」を開催しました。

掲載日 : 2016年9月26日
リンク用URL :

平成28年7月26日、本学職員等を対象に「平成28年度 広島大学公文書管理研修(基礎編)」を中央図書館ライブラリーホール(東広島キャンパス)にて開催し、46名の職員が参加しました。

本研修は、公文書等の管理に関する法律(平成21年法律第66号)第32条及び広島大学法人文書管理規則第26条の規程に基づき、適切な法人文書の管理体制の強化を図るため、昨年度に続いて開催するものです。霞地区運営支援部をはじめ、病院運営支援部、各附属学校、東千田地区支援室等、東広島キャンパス以外からも多数ご参加いただきました。

研修は、片山純一理事(財務・総務担当)の開会の辞で始まり、霞地区運営支援部田中恵一学生支援グループリーダーの講義「あなたにとって文書とはなんですか」、文書館公文書室長による「広島大学における法人文書管理 -作成から移管・廃棄まで-」を受講いただきました。

参加者からは、「文書管理の重要さを改めて学ぶことができました」、「文書管理をとおして、普段の仕事を見直すきっかけになると感じた」等の感想や,「田中GLの話が具体的でわかり易かった」、「できれば文書作成に取りくむ全ての職員がこの講座を受けるべきだと思う」等の好意的な意見が寄せられました。

研修の一コマ
研修の一コマ