ニュース

本文へジャンプ

NEW

長沼毅のカルチャー教室「地球と宇宙の生命の不思議」、来月(10月)から再スタートにつき、受講生を募集中です。広島市内、毎月第3火曜 18:30〜20:30(遅刻可)、3回6930円(10〜12月)、続編の3回(1〜3月)も予定されています。詳細はこちら→中国新聞・文化センター

NHK-BSプレミアム「火星大冒険」の再放送が決定しました。9月17日(月)23:15〜01:15です。ぜひご覧下さい。番組HPはこちら→http://www.nhk.or.jp/space/mars/

OLD

9月10日(月)フジテレビ「何歳の偉人伝」に出演しました。

9月12日(水)広島市南区の保健環境センターの一般公開にて「安全・安心を支える科学の世界−深海・地底・南極・宇宙のフィールドから」を講演します。ぜひご参加ください。

映画「プロメテウス」の解説を書きました。映画と併せてどうぞご覧下さい。

8月22日(水)にテレビ番組「徹子の部屋」に出演します。

アニマックス「宇宙アニメ特集」のオリジナル・ナビ番組に出演しました。


8月5日(日)午後9時より日本テレビ「行列のできる法律相談所」に出演します。

8月5日(日)午前11時よりBSテレビANIMAXの「おまかせ!アニマックスNAVI」(無料)に出演します。

8月4日(土)日本テレビ午後10時より「嵐にしやがれ」に出演します!


青土社の月刊誌「現代思想」8月号の特集「生きものの<かたち>」に「細胞質のバイオロジー」が掲載されています。ぜひご覧下さい。


721日(土)三原リージョンプラザにて総合博物館第6回企画展『ワンダーシー 瀬戸内海の魅力』連携講演会の一環として講演会を行いました。

広島のブランドショップ「tau」が銀座一丁目にオープン!その記念イベントのひとつとして、7/28(土)の午後2回(14〜15時と16〜17時)、長沼毅がトークします。→リンク

7/17(火)TBSテレビ系「教科書にのせたい!2時間スペシャル」に長沼毅が出演します。


7/16(月)日本テレビ系「地球の未来! 緊急取材 宮根誠司と考える!持続可能な世界とは」に長沼毅が出演しました。

6/30(土)14時から、名古屋市にある東海中学・高校の「土曜市民公開講座」サタデープログラムで講演します。長沼毅の回は「自然科学 講座番号6」です。
入場自由・無料! お近くでお時間のある方、どうぞお越しください。
詳しくはホームページをご参照ください→サタデープログラム

進研ゼミ(ベネッセ)の小学生対象「夏休み自由研究塾」で7月24日(水)午前にレクチャーを担当します。
詳しくはホームページをご確認ください。

8月5日(日)に名古屋で講演会を行います。「天文学の最前線 − 生命を育む宇宙、太陽、そして惑星
申し込み締め切りがございます。ご注意ください。

いよいよ大阪で講演です!7月29日(日)13:30〜15:00詳しくは講演会ホームページをご確認ください。
長沼毅講演会 「生きることが好きになる生物学のはなし


6月24日(日)行列のできる法律相談所、に出演します!

FM放送「「ラジオ版 学問ノススメ」 長沼毅担当回のスケジュールです!
番組ページ
FM徳島・大分・沖縄 6/24(日)8:00〜8:55
FM群馬 6/24(日)19:00〜
FM広島6/27(水)4:00〜
インターネット配信は6/26(火)昼から


5月24日 (木)にお台場で講演会を行います。詳しくはこちら!→the ビジネス交流会 長沼毅講演会

5月12日(土)にTBSラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」に出演しました。

岩波書店「科学」2012年4月号に「南極科学の新時代−氷床下ボストーク湖への到達」という論文が掲載されています。

広島市内ですが 5/8(火)と10/23(火)の14:40〜16:10 に比治山大学の天水講座で「暗黒の深海にすむ謎の共生生物」という講義をします。

映画『アポロ18』に関連して、「アポロ計画の疑惑と真実」という文章を書きました。


ライフスタイル誌「Pen」のNo.311(2012年4月15日号)「すぐそこにある、宇宙へ」特集号の68〜69ページに長沼毅の記事「果たして、宇宙に生命は存在するのか?」が掲載されました。

2012年4月14日公開の映画「アポロ18号」の公式搭乗員(スペシャル・サポーター)になりました。→リンク

Webマガジン(幻冬舎)で連載が始まりました!「教科書には絶対載らない!”超訳”科学の言葉」
第1回は「iPS細胞」についてです。ぜひご覧下さい。

不動産情報のアットホーム(株)のジャーナルの「こだわりアカデミー」というコーナーにインタビュー記事「生命の起源から世界の今と未来を考える」が掲載されています。

2012年4月14日(土)23時10分〜フジテレビ系「ナダールの穴」の新展開「日本くぎづけ大学」の番組内で公開授業第2弾が放送されます。

東広島市の情報誌「KUFUUR(クフーレ)」創刊号で紹介されました。この「KUFUUR」は、東広島市のシティプロモーションのスローガンである「くふうに満ちてる東広島」を感じてもらえるよう、「くふう」をキーワードに東広島市内でこだわりをもって生活している人や、くふうある暮らしを楽しんでいる人、市内の面白い場所などを紹介した情報誌です。

2012年2月1日(水)、フジテレビ系「笑っていいとも!」に出演します。レギュラー出演者の友人を紹介するコーナーで、千原ジュニアさんの友人として1月25日(水)放送の同番組に出演した長沼先生は、今週も同様のコーナーに登場し、研究に関するトークを展開する予定です!

2012年2月9日(木)、フジテレビ本社にて公開授業が開催されることになりました!詳細が決まり次第、フジテレビ系「ナダールの穴」のHPに掲載される予定です。授業を受けたい人、大募集!

2012年1月25日(水)、フジテレビ系「笑っていいとも!」に出演しました。

『生命には意味がある』が2012年1月にメディアファクトリーから出版されました。

『私たちは進化できるのか』が2011年12月に廣済堂出版から出版されました。

千原ジュニアさんに詰め込み教育を施す家庭教師として、フジテレビ系「ナダールの穴」に出演しました。

放送内容はこちらです:http://www.fujitv.co.jp/nadalle/

NHK「爆問学問 FILE167: 新企画UNSOLVED#1 地球外生命の姿とは?」に出演しました。

『14歳の生命論〜生きることが好きになる生物学のはなし(tanQブックス)』が2011年11月に技術評論社から出版されました。

テルモ財団科学技術振興財団の生命科学DOKIDOKI研究室というサイトにインタビュー記事『辺境に生きる生命を手がかりに「生命とは何か」を考究する』が掲載されました。

FMラジオJ-WAVEのCurious(キュリオス)という番組に出演しました。様々な分野で活躍するヒトに注目する「CURIOUS PEOPLE」というコーナーです。

『形態の生命誌―なぜ生物にカタチがあるのか―』が2011年7月に新潮社から出版されました。

アニマ・ソラリス(SFウェブマガジン)の著者インタビューというコーナーに記事が掲載されました。


『世界をやりなおしても生命は生まれるか?』が2011年7月に朝日出版社から出版されました。

月刊化学2011年5月号に掲載された「南極湖沼の微生物調査―モノ湖とエウロパをつなぐ旅」がウェブ(電子ブック)で読めるようになりました。

広島大学のテレビセミナー「いま南極が熱い!地球環境のホットスポット」がネット配信されることになりました。「平成19(2007)年度」のところの「動画」ボタンをクリックしてください。

中原中也記念館の館報 No.16(2011)のp.4〜6(PDFファイルの第5〜7ページ)に記事が掲載されました。

共著書『微生物の生態学』が2011年3月に共立出版から出版されました。

Link Club Newsletter (2010年 Autumn Vol.170) にインタビュー記事『【融合と進化】人間・この異常なる生物』が掲載されました。

JT生命誌研究館館長の中村桂子さんとの対談内容がwebで公開されました。『生命誌ジャーナル 編む 67号「進化に編みこまれた面白い現象」』 の中の「TALK対話を通して」のページです。

『生命の起源を宇宙に求めて−パンスペルミアの方舟』が2010年11月に化学同人から出版されました。

共著書『からだと光の事典』が2010年11月に朝倉書店より出版されました。

共著書『現代生物科学入門 第10巻 極限環境生物学』が2010年10月に岩波書店から出版されました。

NHK「熱中スタジアム」(2010年8月6日)に出演しました。

『辺境生物探訪記』が2010年7月に光文社新書から出版されました。

第13回 マリンバイオテクノロジー学会大会(2010年5月29−30日)を開催しました。

市民公開シンポジウム「山河森海のつながりがもたらす豊かな幸」(2010年5月30日)を開催しました。

NHK総合『課外授業 ようこそ先輩』(2010年6月20日)に出演しました。

『「地球外生命体の謎」を楽しむ本』が2010年4月20日にPHP研究所から出版されました。

NHK総合「ふるさと発スペシャル」(2010年4月16日)に出演しました。

毎日新聞ネット版(2010年4月14日)に紹介記事が掲載されました。

第9回日本再生医療学会総会・市民公開講座(2010年3月11日)で講演しました。

「高校生のための「超」教養講座」(2010年4月12日)が公開されました。

共著書『マリンメタゲノムの有効利用』を出版しました。

『宇宙がよろこぶ生命論』が2009年7月に筑摩書房より出版されました。

『海と生命―「海の生命観」を求めて』(東京大学海洋研究所/海洋生命系のダイナミクス5巻)この第17章「海底と地底からさぐる新しい「生命系」観」、245〜259ページを執筆。

『長沼さん、エイリアンって地球にもいるんですか?脱「知的」生命探査のススメ』出版


本が出ました!『深海生物大図鑑』

中国新聞(2008年11月24日)で極地微生物研究が紹介されました。


ニコン広報誌(英語版)に記事「Going to Extremes」が掲載されました


コロンビア・スポーツ「情熱が動きだす 〜 生物学者・長沼 毅」にインタビュー記事が掲載されました。

日本科学未来館のスタッフによる科学技術情報サイト「deep_science」にて
藤崎慎吾氏と語る「辺境生物探訪記」連載中です。


日本科学未来館で行ったエイリアン展関連イベント
「長沼毅トーク・ライブ『脱・「知的」生命探査のススメ!』」
全4回のダイジェスト映像がご覧いただけます。


ニコン広報誌「Nikon Today」Volume 70 に記事が掲載されました。

コロンビアスポーツウェア社の「情熱が動きだす」サイトに取り上げられました

diaries」(ダイアリーズ)創刊第2号(2008年9月号)に荒俣宏さんと不肖の対談が載ってます。「2008年宇宙への旅<後編> Discover! THE THING − 生物探しの宇宙旅行」。

映画「ミラクル7号」の劇場パンフレットに、「愛の使徒 ナナちゃん」という解説を書かせて頂きました。

更生保護」という月刊誌にエッセーを書かせて頂きました。

畠山重篤さんの新著『鉄が地球温暖化を防ぐ』に2箇所登場します。

文藝春秋の月刊誌「本の話」で、畠山重篤さんと対談しました。

藤崎慎吾氏の伝奇SF『蛍女』の新装版の解説を書きました

新潮社の季刊誌「考える人」の最新号(2008年夏号)、「形態の生命誌」がスタートしました。

朝日放送「近未来×予測テレビ ジキル&ハイド」(2008年7月13日)に出演しました。

季刊誌「InterCommunication」65号(最終号)に対談が掲載されました。
長沼毅+佐々木晶
宇宙生命の可能性と、人類と宇宙生命とのコミュニケーションの(不)可能性をめぐって



月刊誌「初等理科教育」にインタビュー記事「生命の起源を求めて」が掲載されました〔2008年6月号、4〜9頁〕


日本科学未来館の母体「科学技術振興機構」の「JSTニュース」2008年4月号(第5巻1号)に「エイリアンを科学する。」という記事が掲載されました。
1ページ目 2ページ目

「しょこたん」こと中川翔子さん、未来館「エイリアン展」の「ときめき☆応援団長」に就任!


南極研究科学委員会(SCAR)南極生態系・多様性委員会(EBA)のニュースレター第1号で紹介されました


日本科学未来館(東京都)の企画展「エイリアン展 ― モシモシ、応答ネガイマス。」の関連イベントとして、トークライブを行ないます。
佐々木晶国立天文台教授など異分野の4名との対談が、全4回にわたって開催されます。


日本経済新聞(2008年2月19日夕刊)のコラム「ドキュメント 挑戦」で紹介されました。

日本科学未来館「Me+Sci ニュース 02号」で紹介されました。

広島大学テレビセミナー「いま南極が熱い!地球環境のホットスポット」のDVDが出ました。

NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀 失敗の数だけ、人生は楽しい』(ISBN
978-4-14-081267-9)で取り上げられました。


月刊誌「理科教室」2008年3月号に「海洋微生物の多様性」が載りました。

福音館「母の友」の2008年3・4・5月号に「父の友」コーナーに三回連載します。

月刊誌「MOKU」の2008年1月号から連載「時空の旅人」がスタートします。


『水 その不思議な世界』(長沼担当分 p.70-78)が高知新聞社より出版されました。
ISBN 978-4-87503-391-2


「週刊ポスト」2007年11月30日号に掲載されました。
(小学館の許可を得て「週刊ポスト」2007年11月30日号より転載)


茂木健一郎さんの『科学のクオリア』で紹介されました


中国山地と瀬戸内海を結ぶ「森海人」の総合風土学舎
(2007年12月1日、広島大学生物生産学部


第3回国際極地・高山微生物学会議(2008年5月11-15日、カナダ・バンフ市)
国際科学委員会委員


2007広島大学テレビセミナーに出演しました


NHK「プロフェッショナル」に出演しました

「海の果てにこそ、真実はある」

「南極研究科学委員会(SCAR)南極生態系・多様性委員会(EBA)」委員

「Knowledge Station」 書評掲載

SCI (サイ) 長沼先生取材レポート


日本学術振興会   ひらめき☆ときめきサイエンス(HT274)
             −生命の神秘!深海生物の不思議な生態を探ろう−
 


深海底から南極へ(広大フォーラム32期4号より)

小さなフォト・ギャラリー(広大フォーラム31期4号より)


深海生物チューブワーム(広大フォーラム29期5号より)

「Marine Ecology Progress Series誌」 査読編集委員

Polar Science誌 編集委員

Marine Biotechnology 誌 編集委員

Aquatic Ecosystem Health & Management 誌 編集委員