HUT CULTURE COLLECTION
DEPARTMENT OF MOLECULAR BIOTECHNOLOGY, GRADUATE SCHOOL OF ADVANCED SCIENCES OF MATTER, HIROSHIMA UNIVERSITY

Contents

top page

about us

Catalog Search

4th Catalog(PDF)
 LFilamentous Fungi
 LYeast
 LActinobacteria
 LBacteria

All Catalog (3rd)

Services
 LDistribution of strains
 LDeposit of strains

References
 LLiterature
 LMedeum
 Labbreviation
 LRestoration

Contact us

English page is here

L-乾燥アンプルの開封と復元培養について

  • 所定の復水液と復元培地を用意する。
  • アンプル に封入された綿栓の中央部に、やすりかアンプルカッターで傷をつける。
  • アンプル の表面を、 70%アルコール で湿らせたガーゼで拭いて滅菌する。
  • アンプルを乾いた滅菌ガーゼ(重ねたもの) で包み、徐々に力を加えて割る。
  • 滅菌したパスツールピペットを用いて、復水液(0.2~0.5ml)をアンプル にゆっくり加え、十分に浸透させ、細胞をよくけん濁させる。
  • 復元培地(平板、液体)に接種する。
  • 所定の条件で培養する。平板で培養し、汚染のないこと(純粋培養であること)を確認して下さい。
  • 一般に液体培養の方が復元率が高いので、液体培養も試して下さい。
  • 細胞により生育の発現までに、長い培養日数を要することがあります。


© HUT CULTURE COLLECTION
All rights reserved.
DEPARTMENT OF MOLECULAR BIOTECHNOLOGY, GRADUATE SCHOOL OF ADVANCED SCIENCES OF MATTER,
HIROSHIMA UNIVERSITY
1-3-1, Kagamiyama, Higashi-Hiroshima,739-8530 Japan