山梨県奈良田の方言

目次・奈良田方言とは | アクセント─概要 | アクセント─1〜6拍名詞 | 「つ」「づ」「ず」の発音 |

「つ」「づ」「ず」の発音

奈良田方言では,次のように,「つ」が [tu] と発音されます。また,濁音の「づ」は [du] と発音されるのが普通です。ザ行の「ず」は [ðu] ( [dzu] [zu] のことも)と発音されますので,ザ行の「ず」とダ行の「づ」との区別が保たれていると言えます。ただし,その区別は失われつつあるようで,下の「恥かしい」〜「静岡」のように「づ」が 破擦・摩擦音化して [ðu] や [dzu] [zu] と発音されることもしばしばあります。また,下の「屑」「渦」など,歴史的には「づ」だったものが「ず」になっている語もいくつかあります。

奈良田 歴史的仮名遣い
頭痛 ヅツー づつう
続く ツヅク つづく
ツヅミ つづみ
綴方 ツヅリカタ つづりかた
図工 ヅコー づこう
小豆 アヅキ あづき
地図 チヅ ちづ
ミヅ みづ
三日月 ミカヅキ みかづき
恥かしい ハヅカシー はづかしい
疼く ウヅク うづく
みみづく ミミヅク みみづく
静岡 シヅオカ しづおか
ウズ うづ
葛と屑 クズトクズ くずとくづ
狡い ズルイ ずるい
ズイ ずい
梅酢 ウメズ うめず
洪水 コーズイ こうずい
スズ すず
ネズミ ねずみ

以前の記録を見ると,奈良田では,「四つ仮名」すなわち「じ」「ぢ」「ず」「づ」の区別が保たれているとされています。しかし,現在では,イ段の「じ」と「ぢ」は発音上の区別がなく,話者の意識においても区別されていないようです。

歴史的仮名遣い 歴史的仮名遣い
かぢ 火事 かじ
ふぢ 富士 ふじ
生地 きぢ きじ
※音声ファイルでは,左の語・右の語を各1回発話

先行研究と現在の状況を対照すると,四つ仮名の区別が次第に失われてきていると言えます。


このページのトップ | 「山梨県奈良田の方言」目次 | HOME