• 広島大学総合博物館
  • 広島大学現代インド研究センター
  • 総合地球環境学研究所
  • 広島大学ユネスコESDコンソーシアム
Copyright ©
Regional Action Center-Japan, IYGU. All rights reserved.

活動報告

第33回国際地理学会議(IGC)

1.会議・行事等の名称 第33回国際地理学会議(IGC)
2.主催団体 国際地理学連合(IGU),中国地理学会,中国科学院地理科学与資源研究所
3.開催日時 2016年8月21日(日)~8月25日(木)
4.会場名 中華人民共和国 チャイナ ナショナル コンベンションセンター
5.会議・行事等の概要および報告  8月23日のIYGUセッションでは下記の通り5件の発表がありました(以下、発表者・の順)。

1.Ram Babu Singh (University of Delhi, India)
 International Year of Grobal Understanding (IYGU) through Science-Policy Interface in India
2.Hidenori Okahashi (Hiroshima University, Japan)
 Hiroshima University's Programs and IYGU: Contributing to Local Revitalization in the Disadvantaged Regions
3.Yukio Himiyama (Hokkaido University of Education, Japan)
 The Asahikawa Environmental Map Contest and IYGU
4.Margaret Robertson (La Trobe University, Australia)
 IYGU Springer Briefs
5.Joop van der Schee (Utrecht University, The Netherlands)
 IYGU and Education

 特に、Springer社から出版された3冊のIYGU関連の本の紹介は興味深いものでした。
 また、Exective DirectorのBenno Werlen教授がPlenary Lectureで、“Global Understanding for Global Sustainability”と題して、講演されました。
6.会議・行事の写真
発表する岡橋IYGU・日本活動センター長


Spring社の発行するIYGU関連の書籍(画像をクリックすると拡大してご覧頂けます)


Exective DirectorのBenno Werlen教授による講演の様子