• 広島大学総合博物館
  • 広島大学現代インド研究センター
  • 総合地球環境学研究所
  • 広島大学ユネスコESDコンソーシアム
Copyright ©
Regional Action Center-Japan, IYGU. All rights reserved.

活動報告

第26回「私たちの身のまわりの環境地図作品展」

1.会議・行事等の名称 第26回「私たちの身のまわりの環境地図作品展」
2.主催団体 環境地図教育研究会
3.開催日時 2016年10月22日(土)・23日(日)
4.会場名 旭川市科学館「サイパル」および旭川市民活動交流センター「CoCoDe」(旭川市宮前通東)
5.会議・行事等の概要および報告  今回の作品展には、国内から35校1724点の応募がありました。そのうち、予備審査を通した小学校21点、中学校540点、高等学校54点、計615点の作品が、10月1~2日に開催された審査会で専門審査委員により審査され、その結果、優秀賞39点、優良賞24点、努力賞34点、計97点が選出されました。選ばれた作品は、10月22~23日の2日間、旭川市科学館「サイパル」で展示され、約600名の来場を頂きました。また、10月23日には旭川市民活動交流センター・CoCoDeにて表彰式が行われました。具体的な行事の内容および関連イベントの内容は以下の通りです。

<22日(土)>
・ 第26回「私たちの身のまわりの環境地図作品展」の作品解説
・ 戸所隆氏(日本地理学会会長,高崎経済大学名誉教授)による特別講演
  演題:「北海道で考える日常空間を活かした観光まちづくり」
・ 研究発表
 ① 大西宏治氏(富山大学人文学部准教授)
   「家族が成長する環境地図づくり: 愛知と富山の地図作品展の取り組み」
 ② 宮腰幸樹氏(旭川西高等学校教諭)
  「旭川西高校における地図ソフトを使った授業展開」

<23日(日)>
・ みんなの環境地図ワークショップ2016(小・中・高校生)
・ 第26回「私たちの身のまわりの環境地図作品展」表彰式
6.会議・行事の写真
作品展示の様子


表彰式後の集合写真


戸所隆氏による特別講演


ワークショップの様子