特殊外来紹介

特殊外来紹介特殊外来紹介特殊外来紹介特殊外来紹介特殊外来紹介

特殊外来をご希望の方は、まずは一般外来を受診していただき、特殊外来への予約を行います。

嗅覚障害外来:火曜日:要予約(再診専用)

難治性嗅覚障害の治療を行っています。ステロイドの点鼻療法を中心に行っています。

音声外来:火曜日:要予約(再診専用)

嗄声などの音声障害の治療を行っています。原因を様々な機器で精査し、発声訓練や薬物療法、また手術療法に対する適応を決定しています。声帯麻痺に対しては甲状軟骨形成術、披裂軟骨内転術、声帯内脂肪注入術などの手術療法もおこなっています。

頭頚部腫瘍外来:火曜日:要予約(組織生検主体、再診専用)、木曜日:要予約(再診専用)

悪性腫瘍を中心とし、良性腫瘍も含めて治療方針を決定しています。初診で腫瘍を認めた方を対象とした外来です。

睡眠時無呼吸外来:水曜日:要予約(再診専用)

成人および小児の無呼吸の原因究明とそれに対する治療を行っています。保存的な治療方法としてCPAP、スリープスプリントの使用、薬物療法を行うだけではなく、手術適応がある場合は、広島大学で改良した口蓋垂口蓋咽頭形成術、小児の場合は扁桃摘出術およびアデノイド摘出術、鼻閉が認められる症例では鼻腔状態の改善のため鼻中隔矯正術、粘膜下下鼻甲介骨摘出術を厳密な適応基準のもとで行っています。これらの治療により当科での睡眠時無呼吸症に対する治療は良好な成績が得られています。また無呼吸の要因となる肥厚性鼻炎、アレルギー性鼻炎が認められる場合には、必要に応じてアレルギー外来とも協力して治療を行っています。

言語外来:水曜日:要予約(再診専用)

新生児聴覚スクリーニングで「要精査」になった新生児や構音障害、言語発達遅滞が疑われる小児、失語症、吃などの言語障害がある成人など、言語に関わる外来を行っています。言語聴覚士が検査、訓練などを行っています。人工内耳の適応については、こちらの外来で対応しています。また先天性難聴の遺伝子診断も行なっており、遺伝子診断により診断ができた場合、難聴の進行予想およびその対策、合併症発症の可能性などがわかり、難聴に対して前向きの対策をとることができるようになります。さらに遺伝カウンセリングにより、患者様の疑問および不安などに対応しています。

アレルギー外来:木曜日:要予約(再診専用)

薬物療法、減感作療法、下甲介焼灼術などを行っています。近年問題となりつつある喘息やアスピリン喘息合併例の難治性慢性副鼻腔炎の治療、難聴が進行していく好酸球性中耳炎においても、新たな治療方法の考案あるいは導入を実践しています。また外来での治療困難例には入院の上内視鏡下後鼻神経切断術などの治療方法を勧めています。

耳鳴外来:木曜日:要予約(再診専用)

耳鳴りは原因が分からない事も多く、治療が難しい症状の一つです。ビタミン剤などの一般的な内服治療、MRIなどによる精密検査を行っています。また、薬物療法等で効果が得られない方には、最近話題になった耳鳴りに慣れる治療(TRT療法)も行っています。

嚥下外来:火、木曜日:要予約(再診専用)

嚥下障害について診察しています。嚥下内視鏡検査、嚥下造影検査にて嚥下機能の評価を行ったのち、必要に応じて嚥下訓練などを行っています。また嚥下改善手術や誤嚥防止手術などの手術適応の決定も行っています。腫瘍の治療に伴う嚥下困難などにも当外来で対応しています。

鼻副鼻腔外来:金曜日:要予約(再診専用)

副鼻腔炎に対する外来です。治療と研究の両立のために行っています。今後とも治療と研究の両立を図っていく予定です。

甲状腺外科外来:金曜日午後:要予約(再診専用)

主に甲状腺の良性腫瘍に対して、超音波を中心に検査を行い診療を行っています。細胞診が必要と判断された場合には、腫瘍外来にて行います。