本文へスキップ

仕事や職場

はじめに

 国立大学は、平成16年4月から文部科学省が設置する国の機関から、「国立大学法人」という独立した機関になりました。同じく法人化した「独立行政法人国立高等専門学校機構」「独立行政法人国立青少年教育振興機構」などをまとめて、「国立大学法人等」と呼びます。

 法人化後、国立大学法人等の職員は非公務員型の法人職員となり、採用試験も、人事院が実施する「国家公務員採用試験」から、「国立大学法人等職員採用試験」に変わりました。この試験は第一次試験を全国7つの地区(北海道、東北、関東甲信越、東海・北陸、近畿、中国・四国、九州)ごとに行い、第二次試験を各国立大学法人等により行っています。

 法人化により制度も変わり、国立大学法人等を取り巻く状況も日々変化しています。そのようななかで、運営の重要な一端を担う事務職員等の役割は、ますます期待されています。

 国立大学法人等の未来を自ら創造し、国立大学法人等とともに成長するため、あなたの新しい感覚や、向上心、チャレンジ精神を発揮してみませんか。

  • ※中国・四国地区の国立大学法人等に採用を希望される場合、「中国・四国地区国立大学法人等職員採用試験」を受験していただく必要があります。
  • ※「独立行政法人国立青少年教育振興機構」は、国立大学法人等職員採用試験からの直接の採用はしていませんので、採用試験については「独立行政法人国立青少年教育振興機構」のWEBサイト等でご確認ください。
  • ※現在では、「国立大学法人等職員採用試験」と並行して、各国立大学法人等で独自の採用試験を行っている機関もあります。
ページトップへ戻る