本文へスキップ

試験について

試験の概要(試験案内)

平成29年度

1.試験の日程

受付期間 5月10日(水)10時00分~5月24日(水)17時00分
〈Web申込のみ受付、5月24日17時00分受信完了分まで有効〉
第一次試験日 7月2日(日)
教養試験 10時00分から12時00分
第一次試験合格者発表日 7月28日(金)9時30分
第二次試験 各国立大学法人等で行います
最終合格者発表 面接考査等の後、随時、各国立大学法人等から通知します
  • ※国立大学法人等職員採用試験は、全国7地区において同一日程で行われるため、複数の地区を申込及び受験することはできません。

2.受験資格

昭和62年4月2日以降に生まれた者

  • ※長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、上記のとおり募集します。(雇用対策法施行規則第1条の3第1項3号のイ)

ただし、次の者は試験を受けられません。

  • 1.成年被後見人及び被保佐人
  • (注)「成年被後見人又は被保佐人」には、民法の一部を改正する法律(平成11年法律第149号)附則第3条第3項の規定により従前の例によることとされている準禁治産者を含む。
  • 2.禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者又はその刑の執行猶予期間中の者その他その執行を受けることがなくなるまでの者
  • 3.懲戒解雇又はこれに相当する処分を受けたことのある者で、その処分の日から2年を経過していない者
  • 4.日本国内における活動に制限のない在留資格を有しない者

3.試験区分及び職務内容

試験区分 主な職務内容





事務系 事務 国立大学法人等の事務局又は学部等の事務部において、総務、人事、企画、財務会計、学生支援、研究支援、国際交流、附属病院における医療事務等の業務に従事します。
図書 国立大学法人等の附属図書館又は学部等の図書室において、学術情報サービス業務に従事します。
技術系 電気 ①国立大学法人等の事務局又は学部等の事務部において、教育・研究棟等の建物・施設・設備の計画、設計、工事の発注、維持保全等を計画し維持する業務に従事します。
②学部の学科や大学院研究科の専攻又は附置研究所の研究部門等において、各専門分野に応じた各種研究、実験、測定、分析、検査等の業務に従事します。
機械
土木
建築
化学 主に上記②の業務に従事します。
物理
電子・情報
資源工学
農学
林学
生物・生命科学
  • (注)
  • 1.「土木」「資源工学」「林学」の3区分については、採用予定がなかったため試験を実施しません。
  • 2.申し込むことができる「試験区分」は1つに限ります。また、受験申込受付後における変更は認められません。
  • 3.技術系区分の職務内容の詳細については、 技術系職務内容一覧をご覧ください。
  • 4.各国立大学法人等では、上記職員採用試験とは別に独自で選考を行う場合があります。これについては、各国立大学法人等のWEBサイトをご覧ください。

4.試験の方法及び内容等(日本語による出題となります)

試験の方法 試験の内容




教養試験〈120分〉/
40題全問必須解答
多肢選択式による筆記試験(大学卒業程度)
(1) 一般知識20問(社会(7問)、人文(7問)及び自然(6問))
(2) 一般知能20問(文章理解(7問)、判断推理(8問)、数的推理及び資料解釈(5問)) 〈申込者全員が受験〉




面接考査等 各国立大学法人等で第一次試験合格者に対して個別に実施します。
○事務系(図書)については、図書系専門試験を実施した後、各国立大学法人等で面接考査等を個別に行います。詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
中国・四国地区国立大学法人等職員採用事務系(図書区分)第二次試験案内
○技術系については、その専門性を第二次試験において考査します。

5.受験手続

1.受験申込受付期間

 平成29年5月10日(水)10時00分から5月24日(水)17時00分
〈Web申込のみ受付、5月24日17時00分受信完了分まで有効〉

※締切直前は、アクセスが集中して接続しにくくなる可能性がありますので、余裕を持って早目に申込をしていただくようお願いします。

2.受験申込方法

 受験申込は、上記受付期間内に、マイページ上から行います。このWEBサイト上に設置される会員登録ボタンからマイページの会員登録を行ってください。マイページにログイン後、会員登録時に回答した採用希望地区をマイページメニューの「採用希望地区」ボタンより確認してください。その際必要に応じて修正してください。(「採用希望地区」で選択した地区での受験申込となります。以下、中国・四国地区での流れを説明します。)次にマイページメニューの「【中国・四国】職員採用試験受験申込フォーム」に必要事項を漏れなく入力して登録してください。登録完了後、採用試験事務室から受験申込完了通知メールを自動返信します。(受験申込完了通知メールが届かない場合は、採用試験事務室に必ずご連絡願います。)なお、上記以外の方法(申込書の郵送や持参等)での受験申込は一切受け付けておりませんのでご注意願います。
 申込内容の修正については、マイページにログインしてマイページメニューの「修正届(一次試験受付期間中)」から行ってください。申込受付期間以降の修正は受け付けません。

  • ※受験者数によっては、希望の第一次試験会場で受験できない場合があります。
  • ※試験区分の変更は、申込期間であっても認められませんので、申込の際に内容を十分確認してください。
  • ※試験会場の変更は、申込期間であっても原則認められませんので、申込の際に内容を十分確認してください。
  • ※ID及びパスワードを入力してもログインできない場合、メール本文内からID及びパスワードをコピーし、入力画面に貼り付けてください。
  • ※ID及びパスワードを忘れた場合、マイページログイン画面の「ID・パスワードをお忘れの方」ボタンからご自身で、オリジナルパスワードの再設定手続きをしてください。(うまく設定できない場合は、採用試験事務室へご連絡ください。)

3.受験票の交付

 受験申込者の方には、6月中旬頃に受験票をマイページ内に送付します。マイページから受験票をダウンロードし、A4サイズの用紙に印刷してください。印刷した受験票には、本人であることが明瞭に確認できる写真(3ヶ月以内に撮影した、脱帽・上半身・正面向き)を貼り、第一次試験日に必ず持参してください。

  • ※マイページへ受験票を送付した際は、登録いただいているメールアドレス及びWEBサイトでその旨お知らせします。受信が確認できない場合は、採用試験事務室に至急連絡してください。
  • ※ID及びパスワードを入力してもログインできない場合、メール本文内からID及びパスワードをコピーし、入力画面に貼り付けてください。
  • ※ID及びパスワードを忘れた場合、マイページログイン画面の「ID・パスワードをお忘れの方」ボタンからご自身で、オリジナルパスワードの再設定手続きをしてください。(それでもわからない場合は、採用試験事務室へご連絡ください。)

4.障がいをお持ちの方への措置

 障がいの程度によって、拡大文字による試験、点字による試験、解答時間の延長、車イスの使用、その他受験特別措置が講じられる場合があります。障がい者特別措置を希望される方は、下記の方法により、4月25日(火)〜5月9日(火)までに採用試験事務室へメールにてご連絡ください。

メールの件名:
受験特別措置事前連絡
連絡事項:
様式「受験特別措置事前連絡表」へ必要事項を入力し、メールにて添付してください。
様式のダウンロードはこちら
      受験特別措置事前連絡表(様式)
      受験特別措置事前連絡表(記入例)
連絡先アドレス:
shikenjimu■office.hiroshima-u.ac.jp(■を半角の@に置き換えてください)

 受験申込受付期間終了後に受験特別措置を希望しても認められません。ただし、やむを得ない事情が生じた場合は採用試験事務室まで連絡してください。

6.受験上の注意事項

  • 1.第一次試験会場は受験票に記載された会場となります。指定された第一次試験会場以外では受験できません。
  • 2.第一次試験当日は①受験票、②HBの鉛筆、プラスチック製の消しゴム(試験会場では用意しません。)、③時計(計時機能だけのもの)を用意してください。
  • 3.受験票に写真が貼付されていない場合、受験できません。
  • 4.試験当日は、9時30分から説明を開始しますので、受付を済ませ入室限度時刻(9:30)までに試験室へ入室してください。入室限度時刻(9:30)に遅れた場合は、受験できませんのでご注意ください。
  • 5.第一次試験会場には駐車場はありません。公共交通機関を利用してご来場ください。
  • 6.当日は体温調整ができる服装で受験してください。
  • 7.事務系(図書)の専門試験は、原則として、第一次試験を受験した試験地で実施します。
  • 8.第一次試験合格通知書は、メールにて送信しますが、できるだけWEBサイトで合否の確認をしてください。なお、電話等での合否の問い合わせには一切応じません。
  • 9.WEBサイトで合格を確認したにもかかわらず、第一次試験合格通知書のメールが届かない場合は採用試験事務室に連絡をしてください。
  • 10.実施委員会では、合否に関する電報等の取り扱いは一切行っておりません。

7.再試験について

  • 1.大雨・地震等による災害、試験実施上の事故、その他不測の事態により、第一次試験が所定の期日に実施できない又は完了しなかった場合は、WEBサイトにより周知し、再試験を実施します。
  • 2.再試験を実施した場合、合格者発表及び第二次試験を延期する場合があります。

8.合格者の決定等

  • 1.第一次試験の合格者は教養試験(全試験区分)の結果に基づき決定します。
  • 2.第一次試験の合格者は、「第一次試験合格者名簿」に登載され、実施委員会において第一次試験合格者発表日から1年間保管します。名簿の有効期間中は、各国立大学法人等の欠員状況により、第二次試験を実施します。
  • 3.受験資格がないこと又は受験申込書の記載に虚偽の内容があることが明らかになった場合は第一次試験の合格を取り消します。
  • 4.第二次試験は各国立大学法人等が個別に行います。第二次試験については、採用予定がある各国立大学法人等の人事担当部署に直接問い合わせてください。事務系(図書)については上記【4.試験の方法及び内容等】を参照してください。
  • 5.採用予定時期は、概ね平成30年4月1日となりますが、既卒者の場合は各国立大学法人等の欠員の状況によっては第二次試験合格後、直ちに採用されることがあります。
ページトップへ戻る