パソコンの省エネ設定について

理事・副学長(社会連携・広報・情報担当)
岡本 哲治

 東日本大震災の影響もあり,全国的に節電への取り組みが活発化しています。広島大学でも,省電力の一環として,パソコンの省エネ設定を推進したいと思います。
以下のような設定を各自のパソコンに設定頂き,省エネにご協力くださいますようお願いいたします。 また,休憩時間や会議等によりある程度長時間パソコンを利用し なくてよい場合,スリープ状態することも併せてお願いいたします。
※HIMICSパソコンについては情報化推進グループから別途依頼します。

省エネ 設定変更方法

電源オプションの設定とディスプレイの輝度を変更します。
各自の業務に影響の無い範囲で,省エネに寄与する適切な設定を行ってください。設定値については,以下のマイクロソフトのページが参考になります。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/gg71528
要約すると以下の設定を各自のPCにして頂くと,約30%の節電効果があります。以下マイクロソフト社のホームページから引用

日本マイクロソフトは,財団法人電力中央研究所にご協力をいただき,Windows パソコンの消費電力について検証しました。この結果,適切な節電設定を追加することで,通常の状態から平均で約30%の電力消費を削減できることが分かりました。
#推奨値 5分ディスプレイ切る,15分スリープ,ディスプレイ輝度40%

Windows編

(1)コントロールパネルから電源オプションを選択


(2)(デスクトップ)ディスプレイの電源を切るとスリープ状態を設定する


(3)(デスクトップ)ディスプレイの輝度を40%(暗くて使いづらい場合は適宜変更)する


(4)(ノート)ディスプレイの電源を切るとスリープ状態を設定する


MAC編


 以下は,Mac OS X 10.6.7 Snow Leopardの例

(1)コンピュータとディスプレイのスリープ時間を設定する

「システム環境設定」から「省エネルギー」を選択し,「コンピュータのスリープ」及び「ディスプレイのスリープ」の設定を変更(左にスライド)します。



(2)輝度の変更

「システム環境設定」から「ディスプレイ」を選択し,「輝度」の設定を変更(左にスライド)します。



【参考】

(1)マイクロソフトのホームページでも、Windows用の自動節電プログラムを無償で配布しております。これを、適応(インストール)されると自動で節電設定されます。

http://support.microsoft.com/kb/2545427/ja?sd=gn
設定が完了すると、電源オプションで以下のような設定になります。


(2)また、マイクロソフト以外にも,省エネの設定を行い,状態をデスクトップ上で確認できるソフトウェアもあります。

 利用に際しては,各自の責任においてインストールして、ご利用下さい。
Optimal Green 株式会社オプティム
東日本大震災に対する支援活動 みんなの力をあわせて節電を!!
オプティムはかんたんパソコン省電力化ソフト Optimal Greenの無償配布を行っています
http://green.optim.co.jp


インストールすると以下のように節電状況をグラフィカル表示できます。