看護実践教育研修センター

 平成17年4月に、「看護の臨地実習および看護実践の教育研修を円滑に実施することにより、優れた医療人の育成および地域医療看護技術の向上に資する」ことを目的に、広島大学病院に看護実践教育研修センターを設立しました。

 平成18年度より、「認定看護管理者ファーストレベル教育課程」の教育事業を開始し、広島県内の看護管理者の教育の一端を担ってきました。

 また、平成19年度より がん看護に関する専門研修を、平成24年度より 小児看護に関する専門研修を開始いたしました。これらの研修を受講された看護職の方々が県内外で活躍されておられます。

 当センターは地域に開かれた参加型教育研修施設を目指します。そして、地域全体の看護水準の維持・向上に貢献できることを切に願っております。