水域循環制御論講座−水圏の物質循環機構の解明と保全および有効利用−

広島大学の練習船「豊潮丸」などによる海洋観測,海洋生物の室内培養・飼育実験及び数値モデル等による海域の物質循環機構の解明とその知識を活用した生物生産の増大や,環境保全・改善に関する研究を行っています.研究フィールドは河川から干潟・浅海域,内湾,大陸棚が主な範囲で,研究対象も赤潮プランクトンを含む浮遊生態系,ベントスを含む底生生態系,沿岸・大陸棚域における陸と海との相互作用,自然循環型社会の構築,産業副産物や海洋生物の機能を利用した環境改善技術の開発など幅広い教育・研究を行っています.



研究テーマ一覧表

水域循環制御論講座で学べること

研究室紹介ポスター NO.1

研究室紹介ポスター NO.2