講座紹介

演奏会のご案内

音楽文化系コース案内

教育学部 第四類(生涯活動教育系)音楽文化系コースについて※

 今日の音楽文化は、クラシック音楽、ポピュラー音楽、日本音楽、民族音楽などきわめて多様であり、私たちの社会にはさまざまな音楽があふれています。また、音楽の教育的分野も、学校教育や社会教育、生涯教育、療育、福祉など、多方面へ広がりを見せています。
 本コースでは、学生個々人の目的にあった、さまざまな授業を開講しています。個人・グループレッスンによる専門の演奏実技(ピアノ、声楽、管弦打楽器、作曲、指揮法など)、多彩なアンサンブル実習(オーケストラ、合唱、オペラ実習、吹奏楽など)も取り入れています。また、学校教育にとどまらず、生涯学習をも視野に入れた音楽教育学の講義・演習、西洋音楽から、日本音楽および、民族音楽まで世界の音楽を扱う音楽学の講義・演習(2017年度現在)など、演奏家、教員、研究者養成に至るまでの幅広い需要に対応できる多彩なプログラムを実施しています。
 また、博士課程前期・後期への進学、大学教員、中学・高等学校教員、一般就職への道が開かれています。

教育学研究科 生涯活動教育学専攻 音楽文化教育学専修(博士課程前期)について※

 生涯にわたる自己実現に必須の音楽文化の活動の意義や内容の研究を基盤に、生涯活動を豊かにするための教育・学習方法、教育課程などの開発、改善について研究します。

教育学研究科 文化教育開発専攻 音楽文化教育学分野(博士課程後期)について※

 文化科学の発展と人間の自己実現の視点から、児童から老年までの生涯学習の機軸となる科学、言語、生涯活動にかかわる教育・学習の意義や方法・内容開発について先端的研究を展開し、高度な専門的職業人・研究者を養成します。

※「広島大学で何が学べるか2013」大学案内より抜粋

音楽文化系コース授業科目

【平成29年度 教育学部 音楽文化系コース 授業科目(括弧内は担当教員)】

(1年次) (2年次以降)

※上記の専門教育科目のほかに、教養教育科目、教員免許状取得のための教育実習関連科目があります。

【平成29年度 教育学研究科 音楽文化教育学専修(博士課程前期)授業科目(括弧内は担当教員)】

【平成29年度 教育学研究科 音楽文化教育学分野(博士課程後期)授業科目】

取得可能な免許

教育学部音楽文化系コースで取得可能な免許・資格

所要の単位を修得すれば、他のコースで取得できる免許状を取得することができます(初等教育教員養成コースは人数制限があります。特別支援教育教員養成コースは除きます。他のコースも、一定の制限がある場合があります)。その他、学校図書司書教諭、社会教育主事、社会調査士となる資格および学芸員となる資格などが取得できます。

大学院教育学研究科音楽文化教育学専修で取得可能な免許

学生の声

学生の声

所有楽器(平成23年6月現在)

鍵盤楽器 フルコンサート2台、グランドピアノ27台(スタインウェイを含む)、アップライトピアノ20台、電子オルガン2台、チェレスタ1台、チェンバロ1台、電子チェンバロ1台
オーケストラ用楽器 ハープ2台を含む4管編成の管・弦・打楽器
古楽器 ポジティフオルガン2台、スピネット2台、ビオラ・ダ・ガンバ2挺、フラウト・トラヴェルソ、リコーダー各種
和楽器 箏25面、十七絃1面、三味線1挺
民族楽器 シタール8台、タブラ・バーヤ2組、ジャワ・ガムラン一式、二胡12台、、古箏1面
教育楽器 オルフ楽器1式、ギター30台、キーボード37台