カリキュラム

第三類では,応用化学,生物工学,化学工学の3つの専門分野を有機的に統合した特色のある教育を行っています。新しい機能性物質や材料の開発,動植物・微生物のバイオテクノロジー,環境保全や資源・エネルギーの開発などを含む,いわば人類の未来を切り拓く分野です。これらに関する幅広い基礎知識を養い,高度な専門技術を調和良く身につけた人材を育成することを教育目的としています。

第三類のカリキュラム

入学者選抜は第三類で一括して行います。入学後,2年次前期終了までは第三類として共通の教育を受けます。2年次後期開始時に3つのプログラムに分かれ,それぞれの専門教育を受けます。3つのプログラムは以下の通りです。

応用化学(応用化学講座/外部サイト):応用化学プログラム

生物工学(発酵工学講座/外部サイト):生物工学プログラム

化学工学(化学工学講座/外部サイト):化学工学プログラム

2年次後期の各プログラムへの配属は,本人の希望とそれまでの成績に基づいて決定されます。