応用化学プログラム

私たちの身の回りにある"形あるもの"の全ては原子や分子の集合からできています。そしてその大半のものは化学の力(化学反応)により人工的に創りだされています。これまで,化学工業はプラスチック,繊維,金属,セラミックスなど,天然に存在しない,優れた性質や機能をもつ製品を産み出してきました。一方で,人類の生産活動による環境汚染や資源の枯渇が問題になっています。このような社会的要請を背景に,応用化学課程課程では,地球的視野に立ち,天然から産出する原油・鉱石・植物などの原料を多種多様な新物質(材料)や新エネルギーに変換する方法を身に付けた人材を育成します。本プログラムの教育は大学院工学研究科応用化学専攻の教員が担当します。

応用化学では

化学を中心とする数学,物理学,生物学などの基礎学問を確実に修得したうえで,有機化学,無機化学,物理化学などの基礎理論を学ぶと共に,合成化学,分析化学などの応用化学や有機・高分子・無機などの材料化学の知識と技術を学ぶことができます。工業化学の広い分野で活躍できる人材を育成します。 応用化学講座では,日本技術者教育認定機構(JABEE)が提唱する,技術者としての必要な知識や能力を養成するための教育プログラムの構築に取り組んでいます。すなわち,応用化学に関する専門知識だけではなく,広い意味でのデザイン能力を含めて技術者として必要不可欠な資質を育成するために,"応用化学のかきくけこ" と呼ばれる学習・教育目標(Ka,確実な基礎;Ki,技術者としての社会的責任;Ku,クリエーティブな発想力と デザイン能力;Ke,継続的自己啓発と研究者・技術者としての自立;Ko,コミュニ ケーション能力と国際的センス)を設定し,それらを達成した卒業生を社会に送り出せるように,カリキュラム,教員組織,教育環境などの質的向上に向けて検討を重ねています。

卒業すると

応用化学講座は,大正9年の創立以来,80年におよぶ長い伝統と優れた教員,設備のもとで,多数の優れた技術者・研究者を育成してきました。卒業生の約7割はさらに高度な教育を受けることを希望し,大学院工学研究科応用化学専攻に進学します。卒業生は化学,材料,システム製品,医薬,繊維,自動車,電気・電子など,幅広い業界に就職し,活躍しています。

応用化学講座のホームページへ