化学工学プログラム

ある化学物質を得るための反応は多数提案されています。しかし,それを工業製品として生産する際には,限りある資源・エネルギーを最も有効に利用し,環境に悪影響を与えず,かつ最も効率の良い生産方式(プロセス)を選定あるいは開発しなければなりません。つまり,どの原料からのどのような反応,プロセス,装置,操作条件で目的物質を生産すれば良いか,副生成物をどのように有価物化するか,廃棄物をどのようにして無害化し自然界に戻せば良いかなどの検討が必要です。化学工学は最適な生産方式の開発,新しいプラントや装置の設計・運転管理に必要な原理を一つの学問体系にまとめたものです。本プログラムの教育は大学院工学研究科化学工学専攻の教員が担当します。

化学工学では

伝統的な化学工学科目(量論,流動論,伝熱論,物質移動論,熱力学,反応工学,粉体工学など)を骨格としたカリキュラムを踏襲し,化学プロセスの開発・設計に必要な科目はほとんど用意されています。また,生態システム,再資源工学,グリーンテクノロジー等の環境関連の教育にも力が注がれています。4年次には大学院学生と教員の指導のもとに小グループで行う化学プラントの設計,産業界からの非常勤講師による特別講義,工場見学を目的とした研修旅行などがあります。これらの教育を通して,化学プラント設計の技能だけでなく,グローバルな視野,創造性,リーダーシップ,協調性,プレゼンテーション能力などが養成されます。

化学工学講座では,日本技術者教育認定機構(JABEE)が提唱する,技術者としての必要な知識や能力を養成するための教育プログラムの構築に取り組んでいます。このために,化学工学課程の学習・教育目標を定め,それを達成した卒業生を社会に送り出せるように,カリキュラム,教員組織,教育環境などの質的向上に向けて検討を重ねています。

卒業すると

卒業生の7割以上は大学院工学研究科化学工学専攻の博士課程前期に進学し,より高度な教育と,各専門分野における最先端の研究を行っています。化学工学的な手法は化学工業に限らず,ほとんど全ての工業で必要になります。このため,卒業生は化学産業だけでなく,医薬・食品,電気・電子,機械,金属,情報などの広い分野の企業に就職し,開発研究やプラント設計におけるリーダーとして活躍しています。

化学工学講座のホームページ