教職員の紹介

教授 野島  永 博士(文学) NOJIMA, Hisashi

 略 歴
1988年 広島大学文学部史学科考古学専攻卒業
1990年 広島大学大学院文学研究科博士課程前期考古学専攻修了
1990年 (財)京都府埋蔵文化財調査研究センター
2004年 広島大学大学院文学研究科助教授
2015年 広島大学大学院文学研究科教授
 研究テーマ
日本列島における古代鉄器文化の考古学的研究をおこなう。特に弥生時代から古墳時代における各種鉄器の比較や鍛冶遺構の分析を通じて、日本列島における鉄器文化の独自な発展様相の解明を目指している。墳墓に副葬された鉄器や、奈良時代から平安時代の鋳造技術にも興味を持って研究している。

 主要な業績
野島 永 1992
「破砕した鋳造鉄斧」『たたら研究』第32・33号
野島 永 1993
「弥生時代鉄器の地域性」『考古論集』潮見浩先生退官記念論文集
野島 永 1995
「古墳時代の有肩鉄斧をめぐって」『考古学研究』第41巻第4号
野島 永 1997
「弥生・古墳時代の鉄器生産の一様相」『たたら研究』第38号
野島 永 2000
「弥生時代の鉄流通試論」『たたら研究会創立40周年記念製鉄史論文集』
野島 永 2000
「鉄器からみた諸変革-初期国家形成期における鉄器流通の様相-」『国家形成過程の諸変革』考古学研究会
野島 永 2004
「弥生時代後期から古墳時代初頭における鉄製武器をめぐって」『考古論集』河瀬正利先生退官記念論文集
野島 永 2009
『初期国家形成過程の鉄器文化』 雄山閣

教授 竹広 文明 博士(文学) TAKEHIRO, Fumiaki

 略 歴
1984年 広島大学文学部史学科考古学専攻卒業
1986年 広島大学大学院文学研究科博士課程前期考古学専攻修了
1992年 広島大学大学院博士課程後期考古学専攻単位修得退学
1993年 島根大学汽水域研究センター助手
2001年 島根大学汽水域研究センター助教授
2002年 広島大学大学院文学研究科助教授
2014年 広島大学大学院文学研究科教授
 研究テーマ
わが国先史社会において、旧石器時代、縄文時代そして弥生時代にわたり代々主要な道具として使用された石器について、通史的にその原材調達、製作、利用の特徴の解明を進めている。現在科学研究費の補助も受け、西日本のサヌカイト利用の石器に焦点をあてた体系的研究を推進中である。

 主要な業績
竹広文明 1993
「縄文時代の石器原材獲得 金山産サヌカイトをめぐって」『考古論集 潮見浩先生退官記念論文集』 潮見浩先生退官記念事業会
竹広文明 1996
「たたら吹製鉄の成立とその展開」『たたら研究』第36・37合併号 たたら研究会
竹広文明 2001
「汽水域と人間の利用の歴史」『汽水域の科学 中海・宍道湖を例として』 たたら書房
竹広文明 2003
『サヌカイトと先史社会』 渓水社

助教 有松 唯 博士(古代世界言語・歴史文明学)ARIMATSU,Yui(ユネスコに派遣)

 略 歴
2005年 東京大学文学部歴史文化学科卒業
2007年 東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究専攻修士号取得
2008年 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2013年 リヨン第2大学大学院社会科学科古代世界言語・歴史文明学専攻博士取得
2013年 東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究専攻博士課程退学
2015年 東北大学学際科学フロンティア研究所新領域創成研究部助教
2017年 広島大学大学院文学研究科助教
 研究テーマ
西アジア古代文明の成りたち、人類史における鉄の起源の解明。西アジアにおける初期鉄器時代の土器編年の構築を行う。
 主要な業績
有松 唯 2006
「カスピ海南西岸域における鉄器時代の遺跡分布」『オリエント』49巻2号
有松 唯 2007
「イラン、カスピ海南西岸域における鉄器時代文化の地域性とその変化-土器分析を中心に-」『西アジア考古学 8号
有松 唯 2008
「イラン、カスピ海南西岸域における鉄器時代移行期の様相-触角状突起付青銅剣身の分析を中心に-」『 西アジア考古学』9号
有松 唯 2010
  
「遺跡分布から見たイラン北部山岳地帯における鉄器時代居住形態の分析」『オリエント』53巻2号
有松 唯 2012
  
「イラン北部、鉄器時代における葬送儀礼の機能的変化」『考古学研究』第58巻4号
有松 唯 2012
  
「イラン北部、鉄器時代後期における精製土器斉一化現象の実態」『西アジア考古学』13号
有松 唯 2015
Homogénéisation de la céramique fine de la deuxième moitié de l’âge du Fer au nord de l’Iran dans le cadre de l’horizon à céramique de type de Orange ware. Iranica Antiqua,
有松 唯 2016
『帝国の基層-西アジア領域国家形成過程の人類集団- 』東北大学出版会

客員准教授 シュタインハウス,ウェルナー 修士(歴史学・考古学)STEINHAUS,Werner

 略 歴
1987年 フライブルク大学(歴史および考古学専攻)卒業
1991年 フライブルク大学大学院で歴史および考古学専攻修士号取得
1992年 大阪大学文学部考古学研究室研究生入学
1994年 大阪大学文学部考古学研究室研究生修了
1997年 ライス・エンゲルホルヌ博物館、ライス・エンゲルホルヌ基金常任研究員
2013年 セインズベリー日本藝術研究所(英国)客員研究員
2015年 広島大学大学院文学研究科特任准教授
2017年 広島大学大学院文学研究科客員准教授
 研究テーマ
日本考古学、とくに弥生時代から古墳時代を専門的研究対象とし、ヨーロッパ考古学との比較研究を行う。また、日本とヨーロッパの考古学を中心とし、歴史学・地理学などを含めた人文科学に関する学術交流を推進する。これまで日本考古学の調査研究成果をヨーロッパにおいて紹介する数々の学術交流事業を行ってきた。大阪府百舌鳥・古市古墳群や福岡県沖の島、宮崎県西都原古墳群などの世界遺産候補に関する重要な提言も行ってきた。考古学遺跡に関する世界遺産についての比較研究も推進している。

 主要な業績
ウェルナー・シュタインハウス 2001
Pferdebestattungen des 5.-7. Jh. n. Chr. im Umfeld der japanischen Inselwelt - Forschungsstand und vergleichende Betrachtungen, Daniel Buechner (Hrsg,) Studien in Memoriam Wilhelm Schuele.
ウェルナー・シュタインハウス 2004
The Last Mesolithic Hunter-Gatherers and the Neolithization in South-Central Europe. 『第3回歴博国際シンポジウム 東アジアにおける農耕社会の形成と文明への道』(第1部 農耕社会の形成)Bulletin of the National Museum of Japanese History 119
ウェルナー・シュタインハウス 2004
Die Zeit der Morgenröte. Katalogban, Publikationen der Reiss-Engelhorn-Museen Band 10 (ISBN-Nr. 3-927774-17-0)
ウェルナー・シュタインハウス 2010
Kleines Wörterbuch zur japanischen Archäologie - Japanisch-Deutsch (『日本考古学用語辞典・和独対照』).
ウェルナー・シュタインハウス 2010
Zur Ausstellung über japanische Archäologie 2004/5 in Deutschland - Bemerkungen zu Zielen, Konzepten, Planung und Wirkungen von archäologischen Ausstellunge (『待兼山考古学論集Ⅱ-大阪大学考古学研究室20周年記念論集-』)
ウェルナー・シュタインハウス 2014
「古墳時代展示の国際化へ向けて-ドイツ日本考古学展での経験から-」『古墳と現代社会』古墳時代の考古学 第10巻 同成社
ウェルナー・シュタインハウス編 2016
An Illusturated Companion to Japanese Archaeology

事務職員 中村 典江

 ひとこと
2014年4月から、考古学研究室の事務を担当しております。
お忙しい先生方、日々がんばっている学生さんたちのお手伝いが少しでもできればと思っています。

院生・学生の紹介

博士課程後期

長井 健二
研究テーマ:齲歯人骨

博士課程前期

真木 大空
研究テーマ:弥生時代土器研究
佐々木 尚也
研究テーマ:縄文・弥生移行期の土器研究
近藤 直毅
研究テーマ:古墳時代鉄器研究
名村 威彦
研究テーマ:古墳・歴史時代の須恵器

研究生

学部4回生

平本 直幹
興味のあるテーマ:古墳
永野 智朗
興味のあるテーマ:歴史時代の遺跡の発掘
佐野 珠実
興味のあるテーマ:弥生時代
下江 裕貴
興味のあるテーマ:旧石器・縄文時代の生活
藤澤 昌弘
興味のあるテーマ:弥生時代~古墳時代の鉄器 中世城郭研究
松本 健太
興味のあるテーマ:古墳時代

学部3回生

井島 大地
興味のあるテーマ:鉄文化(製鉄・鉄器の変遷)
南條 花
興味のあるテーマ:古墳の形 古代人の生活文化
陳 剣林
興味のあるテーマ:中国の鉄文化

学部2回生

伊藤 秀
興味のあるテーマ:製鉄
宇梶 柊
興味のあるテーマ:古墳 発掘
妻藤 祐太
興味のあるテーマ:古墳 遺跡 発掘
田口 隆晟
興味のあるテーマ:巴型銅器 遺跡 古墳 発掘
西岡 日向子
興味のあるテーマ:
西森 光輝
興味のあるテーマ:鉄
橋本 安奈
興味のあるテーマ:アナトリア文明史(古代ヒッタイト)古代エジプト
松原 萌
興味のあるテーマ:製鉄技術の伝幡
満田 崇
興味のあるテーマ:

研究室構成員の出身地

構成員の出身地の比較

出身都道府県ランキング 1位 7人 広島県
2位 2人 大阪府・長崎県
3位 1人 北海道・茨城県・愛知県・京都府・兵庫県・徳島県・香川県・福岡県・宮崎県・熊本県・大分県
出身地方別比較 中国地方 7人、九州地方 6人、近畿地方 4人、四国地方 2人、
北海道地方 1人、中部地方 1人、関東地方 1人