退官記念論文集

考古論集―川越哲志先生退官記念論文集―

橘 昌信
九州島における後期旧石器時代成立期の地域性
藤野次史
中・四国地方,近畿地方における後期旧石器時代前半期の石斧
松浦五輪美
近畿・瀬戸内地方の後期旧石器時代における剥片剥離の一側面
松浦五輪美
細石刃核形態の多様性について―西南日本の様相を例として―
島立 桂
房総半島における石刃石器群について
保坂康夫
礫群平面分布モデルの検討
河村善也
広島県帝釈峡遺跡群の後期更新世と完新世の晴乳動物群―その特徴と時間的変化および推定される古環境―
山本直人
水野梨恵子
御経塚遺跡における縄文土器の彩色と色調

敦賀啓一郎
中・南部九州における縄文時代後晩期の生産活動―石器組成の分析から―
竹広文明
島根県飯南町下山遺跡の打製石器類をめぐって―石材利用の二様相と黒曜石,サヌカイト―
幸泉満夫
煮沸器の多様性と遺跡の立地環境
曽我貴行
終末期突帯文土器にみられる条痕調整の変容―高知県居徳遺跡群にみられる一様相―
長沢宏昌
有孔鍔付土器再論―小孔の縁の状況から―
山原敏朗
テンネル・暁式土器群を有する石器文化の成立と展開をめぐる一理解
松浦秀治
近藤 恵
帝釈観音堂洞窟遺跡出土哺乳動物骨の多元素分析―古人類化石の出土層準・年代判定に関する基礎的研究―
藤尾慎一郎
縄文農耕と弥生製鉄
堂込秀人
鹿児島県の石器からみた弥生時代の様相
中尾篤志
弥生時代における結合式釣針の拡散と展開―原の辻遺跡出土資料の位置づけをめぐって―
下野直章
打製石鏃からみた中・四国地方の弥生開始期の様相
山本一朗
吹越式の再検討
梅木健一
伊予の絵画土器
藤田憲司
妻木晩田集落試論
村上恭通
弥生時代鉄製工具における新器種とその分布
吉田 広
福田木ノ宗山の遺跡と銅剣・銅戈―広島の武器形青銀器・補遺―
野島 永
分割された剣
渡辺 誠
ワラ打ち用の台石
渡辺貞幸
順庵原一号墓の突出部について
伊藤 実
四隅突出型墳丘墓と塩町式土器―四隅突出の思想とその背景―
乗安和二三
弥生時代における乳幼児埋葬をめぐって
本間元樹
弥生時代の墓標
池灘俊一
山陰における古墳時代前半期の鉄器の様相―集落出土資料を中心に―
加藤 徹
副葬状況からみた袋状鉄斧の地域性と機能について―古墳時代前期を中心として―
打田知之
広島県における前方後円墳時代後期の首長墳の動向
鈴木 徹
愛知県域における形象埴輪の様態―古墳時代中期の事例―
古瀬清秀
考古学から見た鉄精錬鍛冶
安間拓巳
備後北部地域の製鉄・鍛冶遺跡 ―古墳時代後期を中心として―
山中 章
古代王権と宮都の東
八幡浩二
製鉄・鍛冶遺跡内における掘立総柱建物
妹尾周三
山陰に広がる上淀廃寺式軒丸瓦―伝播と寺院の造営―
関廣尚世
寺院景観への一討論―史跡安芸国分寺跡出土墨書土器「薗」と植物遺存体を中心に―
唐津彰治
安芸国分寺跡における墨書土器の墨書位置について
水橋公恵
古代須恵器工人の系譜―伊勢国・岡山古窯祉群の場合―
小池伸彦
古代の銅製錬火床炉について
上拵 武
中国地方における中世製鉄操業の復元
後藤晃一
メダイの考古学的研究―中世大友府内町跡出土資料を中心として―
柴田圭子
芸予諸島における中世遺跡の動向
梅本健治
広島県内の中世土葬墓の検討
石丸恵利子
魚類の体長復元と中世の調理方法―章戸千軒町遺跡出土のマダイ・クロダイを例として―
山崎信二
四天王寺住人瓦大工と播州英賀住人瓦大工
原田倫子
近世・近代遺跡出土の赤間銘のある硯について
脇坂光彦
「下田万里の横穴」は炭窯跡
東 潮
高句麗の漢城支配と営農
武末純一
韓国・東川洞遺跡の集落構造
槙林啓介
中国新石器時代における煮沸具の多種化―甑と組み合わさる煮沸具の分析から―
岡村秀典
雲気禽獣紋鏡の研究
佐々木正治
漢代における蜀地の漢化過程
川西宏幸
古代世界の石材加工
辻村純代
古代エジプトのオリーブ油生産
山崎やよい
Uruk expansion再考
広田 健
中央アンデス地域における農耕の開始とその発展―海岸地帯モチェ谷のデータの再検討から―
清水芳裕
素焼きの土器が固結する作用
森田 稔
臭化メチル全廃を控えて
三辻利一
考古科学とは何か