Memo

Flower
Home
Link
Link
Memo
CV
Flower

 


2017/9/14-15
研究会議@長期被ばくに関するマウス最新実験における線量率効果の数理モデルからの検討
「放射線災害・医科学研究拠点」共同利用・共同研究
場所:NPO法人あいんしゅたいん事務所
(〒606-8317 京都府京都市左京区吉田本町5-14)
9/14(木)
13:00~15:00 染色体異常と放射線量について(佐藤(統計解析)、田中(実験))
9/15(金)
13:00~15:00 原医研の被ばくによる発がんデータについて(佐藤)(議論含む)

2017年度 統計関連学会連合大会
9/5 経時離散データに対するベースラインを特定しない変化係数の推測について
冨田 哲治 (県立広島大学)加茂 憲一 (札幌医科大)佐藤 健一 (広島大)
9/6 変化係数を利用したロジスティックモデルによる生存時間解析の試み
佐藤 健一 (広島大)冨田 哲治 (県立広島大学)和泉 志津恵 (滋賀大)

2017/08/28
群馬大学医学部セミナー
基礎開発研究・臨床情報解析のための統計学入門3
Rを用いた生物統計解析〜オッズ比とハザード比〜

Visualize the longitudinal big text data
with a binary covariate: An approach
based on keyword's frequency
Izumi S., Tonda T., Kawano N.,Satoh K.
2nd International Conference on Big Data,
Cloud Computing, and Data Science
Jul 9-13, 2017, Hamamatsu

the 21st International Epidemiological Association (IEA)
World Congress of Epidemiology (WCE2017)
Sonic City in Saitama, Japan on August 19-22, 2017. 
Abstract ID: 684
Title: Logistic RegressionModel for Survival Time Analysis
Using Time-Varying Coefficients

Title: Statistical method estimating varying coefficients
for longitudinal data without specifying spatialtemporal
baseline trend and its application to cancer mortality data

2017/06/15
鹿児島大学 理工学研究科 数理情報科学談話会
「被ばく・被災関連資料に対する統計的テキスト解析の取り組み」

平成29年度「放射線災害・医科学研究拠点」共同利用・共同研究
共同研究課題名: 広島・長崎の平和宣言から読み解く復興のためのリスクコミュニケーション
共同研究代表者: 和泉 志津恵(滋賀大学)
受入研究者: 佐藤 健一(広島大学)

共同研究課題名: 広島原爆被爆者における2次的被曝影響の地域差分析
共同研究代表者: 冨田 哲治(県立広島大学)
受入研究者: 佐藤 健一(広島大学)

長期被ばくに関するマウス最新実験における線量率効果の数理モデルからの検討
共同研究代表者: 和田 隆宏(関西大学)
受入研究者: 佐藤 健一(広島大学)

#-----------------------------------------
2017/06/04(日)広島国際会議場
第58回原子爆弾後障害研究会一般演題
広島原爆被爆者コホートデータにおける固形がん死亡危険度に対する
中性子線の生物学的効果比について
佐藤健一1,冨田哲治2,保田浩志1,川上秀史1,田代 聡1
#-----------------------------------------
経時変化をともなう被ばく・被災関連資料のテキスト解析
佐藤健一1,久保田明子1,根本真実2,長谷川有史2
#-----------------------------------------
広島・長崎平和宣言における平和観の経時変化の違いについて
-単語出現頻度に基づく考察-
冨田哲治1,佐藤健一2,和泉志津恵3
#-----------------------------------------
56MnO2粉塵曝露および60Co外照射によるラットの活動量への影響
大谷敬子、大瀧 慈1,佐藤健一,星正治1
#-----------------------------------------

環境省 平成29年度原子力災害影響調査等事業
(放射線の健康影響に係る研究調査事業)
「放射線被ばく不安に関連した潜在的要因の解析による
オーダメイドな放射線リスクコミュニケーションに向けて」
研究代表者: 長谷川 有史
分担研究者

2017/04/19-20
群馬大学医学部セミナー
基礎開発研究・臨床情報解析のための統計学入門2
4/19: SQLiteを用いたデータベース構築・分析
4/20: Rを用いた生物統計解析 相関解析編

放射線災害・医科学研究拠点
平成29年度トライアングルプロジェクト
テーマ:放射線災害の社会影響と放射線防護
「原爆被爆者の手記を利用したテキスト解析による被爆の実像解明」
佐藤健一, 長崎大学 横田賢一
「広島・長崎・福島における放射線被ばく者コホートによる健康影響の解明」
佐藤健一, 長崎大学 横田賢一, 福島県立医科大学 高橋秀人

NEUTRON AND ION DOSIMETRY SYMPOSIUM
NEUDOS-13, Poland, 14-19 May, 2017

2017/03/01
大阪府立成人病センター
「統計解析セミナー」

2017/02/22
The 1st International Symposium of the network-type
Joint Usage/Research Center
for Radiation Disaster medical Science

  Relative biological effectiveness of neutrons derived from the ERR model
  with the atomic bomb survivors data managed by Hiroshima University
  Kenichi Satoh1, Hiroshi Yasuda2, Hideshi Kawakami3, Yoshihiro Takihara1,4

  Nonparametric estimation of spatial-temporal trend
  with adjusting effects of risk factors for longitudinal data
  Tetsuji Tonda1 and Kenichi Satoh2

生存時間データにおけるロジスティック回帰モデルを用いたオッズ比の推測
佐藤健一、冨田哲治、和泉志津恵
第27回日本疫学会学術総会

時空間変動を局外ベースラインとした回帰モデルによるがん統計データの分析
冨田 哲治、 佐藤健一
第27回日本疫学会学術総会

2017/01/11
群馬大学医学部セミナー
基礎開発研究・臨床情報解析のための統計学入門

Copyright (C) KENICHI SATOH