point竹谷 文一[たけたに ふみかず; Todai,♂,#15]stamp
photo
映画「ER」のファンです。
上の絵をじっと見つめていると,
イルカに乗った少年が現れます。
Yamlab創立10年目の記念すべき2000年度から2002年度まで配属した,Hook先輩以来の富山県人で静電気魔だったTodaiです。僕はあの方とは違ってレギュラーとインスタントの“間”違いがわかるYamlab専属のコーヒードリップ係でした。
Yamlab配属以来3年間,3度のメシよりも好きな実験を進めて,SO(X3Σ-)の振動励起準位(v"=0-5)をB3Σ--X3Σ-遷移の蛍光分散型action LIFで検出し,SO(X3Σ-)の振動緩和速度定数と初期振動状態分布を決定する研究と,SO(B3Σ-)の単一振動準位(v'=0-2)の輻射寿命,消光,および振動緩和の速度定数を決める研究を完了しました。
SO(B-X)LIF観測に初めて成功した大変オメデタイ日(12/22/00)に,第3回バッフル玉突き事故を起こし,カチャカチャっとバッフルがぶつかる音を実験室に響かせました。このとき,同期のあの方は,ニヤリとしていただけで助けてくれませんでした。
動物愛護精神に富んでいる僕は,肉(特に脂身)をあまり食べませんが,高級ハンバーグと高級ササミは好物です。高級チーズケーキ(←英語の俗語ではなく)も僕の活力源です。
06/19/02に第18回化学反応討論会(新潟)でポスター(1P25)発表し,「ベストポスター賞」を受賞しました。2003年4月〜06年3月まで,名古屋大学 松見研究室に博士課程後期学生として在籍し,学位取得後,2006年4月から独立行政法人海洋研究開発機構 地球環境フロンティア研究センター 大気組成変動予測研究プログラムの研究員をやっています。2013年に「レーザー誘起蛍光法を用いた化学反応過程の実験的解明および大気粒子計測装置の開発」を評価していただき,大気化学研究会奨励賞を受賞しました。



Yamlabメンバー表