教職課程担当教員養成プログラム
New release
先生の先生になる

教職課程担当教員養成プログラム

研究と教育の高い水準での両立を!!

これまでの日本の大学院教育は、専門分野に関する深く、しかし狭い知識に偏った研究者の養成に陥りがちでした。
そのため、大学教員の多くは、研究者としての意識が強固で自分の研究成果には高い関心を示すものの、教育者であるといった自覚に乏しく、教育の中心である授業をおろそかにしてきたといえるかもしれません。
これからの大学教員は、研究はもちろんのこと、授業においても優れた知識と技術を身につけ、教育者としての自覚を兼ね備えた授業実践のスペシャリストとなる必要があります。
教職課程担当教員養成プログラムでは、この研究と教育、2つの領域での専門家になることを目指します。