Ed.Dプログラム

国内視察報告 -2014年8月-

8月28日(木)
ケースメソッド教授法の授業(慶應義塾大学ビジネス・スクール)を視察しました。

2014年8月28日(木)、慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應義塾大学ビジネス・スクール)を訪れ、「ケースメソッド教授法」の授業に参加しました。
ケースメソッドは、現実に生じうる様々な事態を盛り込んだケース教材を使い、授業者のリードのもと、授業参加者がディスカッションによって学ぶ授業法です。ビジネスリーダーや法曹の養成にはじまり、現在は教員養成の分野でも注目されています。日本では、慶應義塾大学ビジネス・スクールがその先駆けであり、現在もリードするポジションにあります。
クリックで拡大表示 授業者の問いに受講生が答え、議論を深めていきます。
クリックで拡大表示 授業後の集合写真です。
教職Pのメンバーは、慶応義塾大学ビジネス・スクールの「学びの共同体」に加えていただき、実際にディスカッションに参加することで、ケースメソッド教授法を学びました。

PAGE TOP