HOME > 教育学講座の歴史
教育学講座の歴史
広島高等師範学校の時代 ペスタロッチー

「ひろしま・こーし」って、聞いたことがありますか。

1902(明治35)年に設立された広島高等師範学校のことです。教育学教室の遠いルーツはここにあります。時代は日清戦争と日露戦争の間、日本の近代化が軌道に乗り始めた頃です。前々年には尋常小学校の授業料を無料とした第三次小学校令が発布され、義務教育制度が確立されようとしていました。

当時、旧制中学などの中等教育機関は、まだあまり発達していませんでした(小学校の教員を養成した師範学校も、府県立の中等教育機関でした)。まして、高等教育機関は数えるほどしかありませんでした。広島高等師範学校は、数少ない高等教育機関であり、官立のしかも授業料のいらない学校でした。そのため、全国から優秀な学生が集まってきました。

高等師範学校は、師範学校や旧制中学などの中等学校教員を養成する学校でした。高等師範学校のもうひとつの使命は、普通教育の研究を行うことでした。高等師範学校に附属中学だけでなく、附属小学校も付設されたのはそのためでした。初等教育から中等教育に至るわが国普通教育の中枢として機能した高等師範学校は、教育の本山と呼ばれるようになりました。

広島文理科大学の時代

1939(昭和4)年には広島文理科大学が設置されました。広島文理科大学では高等師範学校の教育を基礎とし、さらに専門的な教育を行いました。文理科大学の教育学科(教育学専攻及び心理学専攻)は、現在の教育学教室の直接のルーツに当たります。

高等師範学校や文理科大学の卒業生は、ほとんどが中等学校の教員になっていました。現在でも高等学校などの中等教育実践に活躍する先輩が多いのは、その伝統です。師範学校は戦後の教育改革で、教員養成を行う大学(学部)となりました。これらの教員養成大学(学部)では、師範学校時代から高等師範学校・文理科大学の卒業生を教員として迎えておりました。その伝統は現在に引き継がれ、大学院の教育学研究科を卒業した者が、教員養成の職に就いています。

文理大の教育学教室では、ペスタロッチー研究が精力的に進められ、世界でも有数のペスタロッチー研究のメッカとなりました。ペスタロッチーは最も偉大な教育実践家であるとともに、近代教育学に大きな影響を与えた理論家・思想家でもありました。広島文理科大学教育学教室のペスタロッチー研究は、日本の教育実践家に大きな感銘を与えました。また、日本の教育学研究の進展に多くの貢献をしました。現在、教育学部では、ペスタロッチー教育賞を設けて、優れた教育実践を顕彰しています。

広島大学教育学部の時代

1949(昭和24)年、国立学校設置法により広島大学教育学部教育学科が置かれました。教育学科は、広島文理科大学教育学科教育学教室を母体とし、広島高等師範学校の教育学担当教官を包摂して発足しました。教育学科の教官組織は、広島高等師範学校および広島文理科大学からの配置換により次第に充実していきました。

1953(昭和28)年には、大学院教育学研究科教育学専攻・教育行政学専攻が設置されました。新制大学院の発足と同時に博士課程をもつ大学院が設置されたのは、前身校での研究・教育が評価されたからです。この時、大学院の基礎となる講座が確定しました。教育学専攻の基礎となる講座として、教育学第1講座(教育哲学)・教育学第2講座(日本東洋教育史)・教育学第3講座(西洋教育史)・教育学第4講座(教育社会学)・教育学第5講座(教育方法学)・教育学第6講座(教科教育第一)・教育学第7講座(教科教育第二)・教育学第8講座(教科教育第三)の8講座が置かれました。教育行政学専攻の基礎となる講座として、教育学第9講座(教育行政学)・教育学第10講座(比較教育制度学)・教育学第11講座(学校教育及び社会教育)の3講座が置かれました。学校教育および社会教育講座は後に講座の通称を教育経営学と改めました。教育学専攻の基礎となる講座と位置づけられていた教科教育関係の講座は、教科教育学専攻がつくられた際、分離されました。

1978(昭和53)年には、学部の改組が行われ、従来の講座制に代わり大講座制が導入されました。教育学科には、教育哲学・教育史講座、教育社会学・教育方法学講座、教育行政学講座の3講座が置かれました。教育哲学・教育史講座は、教育哲学・日本東洋教育史・西洋教育史の各研究室からなり、教育社会学・教育方法学講座は教育社会学・教育方法学・社会教育学の各研究室からなり、大学院教育学専攻の基礎となる講座となっています。教育行政学講座は教育行財政学・比較教育制度学・教育経営学の各研究室からなり、大学院教育行政学専攻の基礎となる講座となっています。

そして2000(平成12)年,従来の教育学部と学校教育学部および教育学研究科と学校教育研究科の改組・統合が行われ,現在の教育学教室に至っています。

教育学教室は、2倍勉強したい人のコースでもありました。戦前の高等師範学校では3年間に現在の単位数に換算して170単位程度の授業を受けていました。高等師範学校を卒業すれば、自他ともに認める優秀な教師でした。文理大の教育学科には、そのような中等学校教員の資格をもっていながら、なお研究を深めたい学生が入学して来ました。新制大学の教育学科の学生にも、同じようなことがいえます。教科の得意な教員になるのなら、他の学部・コースでも十分です。教育学教室を卒業して教師になった先輩達は、教科の指導力はもちろんのこと、さらに加えて教育についての見識をもった教師になろうと努力してきました。現在でも教育学教室の学生は他コースの学生より多くの単位を取っています。研究者を志す学生も豊かな教養の上に、専門の研究を深めようとしています。

恵まれた条件と意欲に満ちた学生が、教育学教室の輝かしい歴史を作ってきました。しかし現在、日本の教育は多くの問題を抱えています。日本の教育をよりよいものに変えていくことが望まれています。我々は大いに学び、そのために微力を尽くしたいものです。教育学を学ぶ者の高い志が、教育学教室の新しい歴史を作って行きます。(ob)


PAGE TOP