HOME > 教育学講座の歴史 > ペスタロッチー研究
教育学講座の歴史
ペスタロッチー資料室

本学のペスタロッチー資料室には、ホッツ画「ペスタロッチー肖像画」、バウムベルガー画「闘士ペスタロッチー」、そしてグローブ画「ペスタロッチーとシュタンツの孤児」と、三枚の絵画が並んで掛けられています。
毎年広島大学で開かれるペスタロッチー教育賞受賞式には、1960年にスイス政府より長田新に贈られた石版画、バウムベルガーによる「闘士」が資料室から運ばれ、正面に飾られています。
ペスタロッチー資料室には、この由緒正しい三枚の絵画のほか、フレーベルやペスタロッチーの直筆の手紙、スイス政府から、ペスタロッチー研究の業績を讃えて長田に贈られた感謝状などの貴重資料のほか、長田の著書など関係資料が保管されています。

闘士ペスタロッチー

ペスタロッチー資料室に収蔵された三枚の絵画について書かれた丸山恭司教授の論文「グローブ画「ペスタロッチーとシュタンツの孤児」の複製と伝播について : あるいは、教育運動における視覚メディアの役割」(広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部 第54号 2005 51−59)はこちら(PDF版)をご覧ください。

ペスタローッチーについては、こちらをご覧ください。


PAGE TOP