HOME > 教育学講座の歴史
教育学講座の歴史
廣島高師 山男の歌

 この「廣島高師“山男の歌”」は、これを長く歌い継いできた関係者らの記憶に基づき、混声四部合唱曲として再構成したものである。

 編曲は本学音楽文化教育学講座徳永崇先生、歌唱指導は同講座枝川一也先生の全面的なご協力をいただいた。また、合唱及びピアノは以下の本学音楽文化教育学コース学生及び卒業生有志によるものである。記して深甚の謝意を表したい。(ソプラノ:八久保智子・宮埜舞・大野内愛(卒業生)・網永悠里、アルト:佃美那・西谷奈菜・土井麻友美、テノール:越前皓也・井上明、バス:神谷雄・長谷川諒・濟川貴、ピアノ伴奏:小林美貴子)

 なお、紅白歌合戦でも歌われた「坊がつる讃歌」(芹洋子)は替え歌としてつとに有名であるが、歌詞やメロディーの一部が若干異なる同“山男の歌”も巷に散見される。混声四部合唱曲としてリバイバル・リニューアルされたこの「廣島高師“山男の歌”」が、歌詞の本旨とともに、広く関係者各位に歌い継がれていくことを切に願っている。

(文責:教育学講座教授・古賀一博)

参考

中国新聞キャンパスレポート

 広島大学教育学部教育学系コースの新入生・新院生歓迎会の様子が紹介されています。

楽譜・楽曲のダウンロード

廣島高師 山男の歌 楽譜(PDF)

廣島高師 山男の歌 フルコーラス(MP3、7.9MB)

廣島高師 山男の歌 1番、6番(MP3、3.2MB)

廣島高師 山男の歌

廣島高等師範学校山岳部第一歌 作詞:神尾明正 作曲:武山信治
同じ山への憧れを
胸に抱いて行く道は
教えの道ぞ山男
廣島高師の山男
人皆花に酔う時も
残雪恋いて山に入り
涙を流す山男
雪解の水に春を知る
廣島の山は低くとも
夏は故郷の山が待つ
岩を攀ずれば山男
無我を悟るはこの時ぞ

深山紅葉に片時雨
テントぬらして暮れてゆく
心無き身の山男
物のあわれを知る頃ぞ

町の乙女ら想いつつ
尾根の処女雪蹴立てては
シュテムボーゲン山男
浩然の気は止み難し
同じ教えの道を行き
瞼に浮かぶ山の道
道は一つぞ山男
廣島高師の山男

PAGE TOP