HOME > 学部教育
学部教育
「教育」のスペシャリストへの道

「教育」は現代社会の重要な課題の一つです。学校、家庭にとどまらず、企業や地域、さらには社会全体に「教育」は浸透しています。あらゆる領域で「教育」の重要性が指摘されるとともに、その問題が浮き彫りにされています。教育学プログラムでは、学部から大学院までの一貫したカリキュラムによって「教育」を追求し、研究者、教員、公務員、市民リーダーとしてあなたの夢を実現します。

研究者への道

飽くなき探求心と強靱な意志により、世界に羽ばたく研究者へ

 教育学プログラムは、これまで数多くの優秀な教育研究者を輩出してきました。その多くは大学教員として教育の研究に取り組み、重要な提言を行ってきました。その成果は、教育学プログラム卒業者による膨大な量の本や論文で明らかでしょう。さらに海外でも高く評価され、各国で講演を行う卒業者も少なくありません。また、大学教員となった卒業者の多くは学生の指導に直接かかわり、教員養成を担っています。つまり、研究者であるとともに、先生の先生になっているのです。

教員への道

アクションリサーチにより授業実践や生徒との関わりを省察し、常に成長し続ける教員へ

 現在の教師に求められるのは、授業の技術や教科内容の深い知識だけではありません。自分の授業や生徒との関わりを深く省察することで問題を見つけ出し、それを解決することによって常に成長することが求められています。そのために教員に必要なのは自らの実践を研究し内省するアクションリサーチです。教育学プログラムはアクションリサーチによって自ら課題を発見し、解決できる教師を養成しています。

公務員への道

教育改革を推進し、また福祉の最前線で活躍する献身的な公務員へ

 教育学プログラム卒業者の多くが公務員としてさまざまな領域で活躍しています。なかには教育委員会で教育改革を推進し、学校を支える役割を果たす卒業者がいます。また、児童福祉施設などで福祉の仕事、家庭裁判所の調査官、少年院の法務教官として子どもや青少年に関わる卒業生もいます。広島大学では公務員講座を開設し、公務員への道を支えています。

市民リーダーへの道

国際社会で、企業で、地域で人材育成を指導するリーダーへ

 国際社会や企業で活躍する卒業生もいます。国際社会では教育分野での開発協力に携わり、そのリーダーとして手腕をふるっています。企業では人事や企業内教育の担当者として、さらには経営者として人材育成を指導しています。なかには教育産業に身を置き、民間から教育に関わっている卒業生もいます。また地域では生涯学習を推進するリーダーとして教育学プログラムで学んだ成果を遺憾なく発揮しています。学校や官公庁以外でも教育は重要な課題となっています。教育学プログラムでは多様な教育の現場で市民のリーダーとなれる人材を養成しています。


PAGE TOP