教育へのICT(Information and Communication Technology)利用の指針

医学科教育におけるICTの利用指針は以下の通りである。

1
講義は、パソコンのプレゼンテーションソフトウェアを多用しながら進め、画像、動画なども適宜提示する。学生からの求めに応じ、講義に使用した図表、動画等の電子データの供与も行う。また、レポートの提出にあたっては、Web上のシステムを構築し、学生が電子的に作成したレポートをネット経由で提出できるようにする。
2
上記の情報提供にあたっては、学生に対するデータの提供が著作権法等の法令に違反することのないよう、情報源や転載許可の確認を、提供する教員の責任において行うものとする。
3
学内各所に無線LANのアクセスポイントを設置し、学生は自分のパソコン、タブレット、携帯端末等を持参すれば、IDを入力して認証されることで学内どこからでもインターネットへのアクセスができ、講義中には、講義室内で講義を聴きながらの情報検索を可能にする。
4
情報端末室および図書館にパソコン端末を計185台設置し、土日祝日を含む8時~22時の間、学生に無料開放する。IDを入力して認証されることでインターネットへのアクセスができ、レポート作成や自己の学習に利用可能である。
5
図書館において国内外の主要な電子ジャーナル(平成24年現在15,254誌)を購読し、必要な医学情報を容易に検索できるような環境を整える。電子ジャーナルへのアクセスは学内からのみではなく、自宅等の学外からも可能にする。また、医中誌、メディカルオンライン、UpToDate、Cochrane、EBM Reviews、今日の診療プレミアム等の医学関連データベースや電子書籍を用意し、レポート作成や自己の学習において学生が自由に利用できるようにする。
6
各科領域における診察手技を解説した動画を学内ネットワーク上で公開し、学生はIDを入力して認証されることで、誰でもアクセスして閲覧できるように整備する。また、診療参加型実習の解説等のコンテンツも適宜追加し、学生が必要な情報を常時提供できるような環境を用意する。
7
図書館にビデオライブラリを設け、基礎から臨床に至るまでの幅広い分野の解説ビデオを用意し、館内の視聴覚室で自由に閲覧できるようにする。

Page Top