JavaScriptによる4択問題自動作成ツール

作成 吉田光演(広島大学総合科学部)
mituyos@ipc.hiroshima-u.ac.jp



JavaScriptを使った4択ドリルがオンラインで簡単に作成できます。

 作成したドリルは Internet Explorer (Mac/Win) ,Netscape ( Mac /Win /Unix)で動作します。この作成ツールはPerlを利用していますので,それ以外のブラウザでも大丈夫です(NextStepでも動作可能)。

      
実際の例をみてみる



まずここを記入!
→ 4択問題の出題数  (半角数字で,2, 3 ...5などと書く。※上限は 10 です)

以下の問題データの書き方:

出題する問題文,選択肢1,選択肢2,選択肢3,選択肢4,正解番号(半角数字 1〜4),コメント

 (コメントは省略できるが,その前のコンマ ", "は必要)
例:

'Wie spaet ist es?'の答は?,Das ist spaet.,Es ist sieben.,Das ist die Uhr.,Es ist hundert.,2,時を聞く表現

ドイツ周辺を流れている川で東西を走っているのは?,ライン川,エルベ川,ドナウ川,オーダー川,3,



問題文データ(以下を出題分だけ記入)




・第1問





・第2問





・第3問





・第4問





・第5問





・第6問





・第7問





・第8問





・第9問





・第10問










吉田のホームページへ戻る