所蔵標本・資料

当館の概要

技術史関連資料

研究機器類

標本点数:18点

管理部局:総合博物館

収蔵場所:総合博物館

内容:現在、総合博物館にはタイガー計算機、計算尺、地上標定機、顕微鏡等のかつて本学で研究調査等に使用されていた機器類が18点保管されている。 これらの機器類は研究者が実際に使用した機器の変遷をたどる上で重要な資料である。 特に地上標定機は昭和15年8月東京光學機械株式会社製の古いもので、2010年5月に当時工学研究科の機械工作室より移管された。