広島大学病院 > 肝疾患相談室

肝疾患診療拠点病院 肝疾患相談室。肝疾患に関する不安や疑問は、肝疾患相談室をご利用ください。

肝疾患診療拠点病院とは

肝疾患診療の向上と均てん化を図るため、2007年4月19日に、厚生労働省健康局長通知「肝疾患診療体制の整備について」が発出されました。
それにより、肝疾患診療連携拠点病院が各都道府県に原則1ヵ所設置されることとなりました。
拠点病院は専門医療機関と連携して診療体制を構築していくこととされています。
広島県では、広島大学病院と福山市民病院の2施設が肝疾患診療連携拠点病院の任にあたっております。

肝疾患相談室とは

肝疾患相談室は、肝疾患診療連携拠点病院に設置されております。
肝疾患相談室では、肝臓に関する病気についてのご相談をお受けしています。
また必要に応じて、肝臓専門医による専門相談(予約制)もお受けしております。
相談員が無料でご相談をお受けします。

一般向け 肝炎ウイルス検査が無料で受けられます
一般向け 肝炎ウイルス治療費助成交付申請について
一般向け 「肝臓病教室」の開催
一般向け 「市民公開講座」の開催
医療従事者向け 「肝疾患診療連携拠点病院研修会」の開催
肝臓についてのご相談を
受け付けています。
責任者: 消化器・代謝内科教授 / 茶山一彰
肝疾患相談室相談員 / 福田ムツ子
お電話での無料相談はこちら
082-257-1541
受付時間 10:00~16:00 (土日・祝日を除く)
WEBからのご相談はこちら
お問い合わせフォーム