こんにちは、内分泌・糖尿病内科の米田です。我々は内分泌疾患と糖尿病を主とした代謝疾患という2つの専門分野を担当しています。広島大学は広島県で唯一の医学部を有した教育機関であり、広島大学病院は広島県全域の内分泌疾患や糖尿病患者さんの診断と治療を担い、また内分泌学および糖尿病の臨床そして基礎研究に従事しています。

知識や技術だけでなく、思考過程や対話を重視した教育を目指す。

医学部学生の講義や臨床実習では、単に教科書に書いてある知識を教えるだけではなく、その疾患の病態機序、診断の手順、治療法の選択を丁寧に解説することにしています。また、研修医の指導においては、指導医である主治医とともに実際に患者さまの診療を担当し、患者さまと良好なコミュニケーションを築いていけるよう、問診や病状説明の仕方まで指導するよう心掛けています。

広島県の内分泌・糖尿病臨床の診療体制の確立と発展を目指す。

現在、広島県では若い医師の人口が減少しており、また内分泌専門医や糖尿病専門医が不足しています。広島県の山間部や瀬戸内海の島嶼部ではこの分野の専門医の空白地域が多く存在し、診断や治療レベルの向上・維持のために、病診連携などネットワークの早急な構築が望まれています。多くの内分泌専門医、糖尿病専門医を広島に誕生させ、広島県全域で質の高い医療を提供することも我々の責務です。

広島大学独自の研究を世界に発信することを目指す。

1970年より、在米日系移民を対象にした医学調査(ハワイ-ロサンゼルス-広島スタディ)を継続して行っています。欧米化した生活習慣に暴露された日系米人は、我々日本人の未来予想図と言え、これまでに多くの知見を報告してきました。また、2013年4月より、原発性アルドステロン症を主とした内分泌学の臨床および基礎研究、褐色脂肪細胞をターゲットにした糖尿病の基礎研究を立ち上げました。これらの研究はまだまだ発展途上ではありますが、新たな発見に胸を躍らせ、世界への発信を期待しながら日々研究に精進しています。

若いメンバーが中心の和気藹々としたグループです。広島の医療発展のため、そして世界に発する研究を行うために、我々のグループに入って一緒に働いてくれる若い力を求めています。「未来(あす)への扉を開く」、これが私のモットーです。