西日本言語学会第45号 (2016)  本文へジャンプ
      


論文


 ◎The Hieroglyphic Luwian Verb“to erase” Terumasa OSHIRO  1
 ◎ゲール語の諸特徴と類型:
  スコットランド・ゲール語における音声的特徴と形態統語的特徴を中心として
本城 二郎 5
 ◎The Diachronic Shift of Complement Clauses in Italian:
  The Establishment of Complementizers in the Verbs sembrare and parere
Takafumi UENO  15
 ◎ドイツ語所在動詞 liegen の使用を引き起こす要因 岡部 亜美  25
 ◎カムチベット語翁上[dNgo]方言の音体系に関する覚え書き 鈴木 博之   35
 ◎現代中国語に見られる日本語由来の外来語彙に対応するドゥンガン語の語彙に関する
 一考察
犬塚 優司   44
 ◎日本語・イタリア語対照研究:物の周辺・先端部を指す名詞を中心として 古浦 敏生   54
 ◎アラビア語・日本語バイリンガル幼児に見られる言語混交の現象について Al FARRAJ Ziad  63
   79
   







第46号(2017)/ 第45号(2016)/ 第44号(2015)/ 第43号(2014)/ 第42号(2013)/ 第41号(2012)/

第40号(2011)/ 第39号(2010)/ 第38号(2009)/ 第37号(2008)/ 第36号(2007)/ 第35号(2006)/ 第34号(2005)/ 第33号(2004)/

第32号(2003)
/ 第31号(2002)/ 第30号(2001)/ 第29号(2000)/ 第28号(1999)/ 第27号(1998)/ 第26号(1997)/ 第25号(1996)/

第24号(1995)/ 第23号(1994)/ 第22号(1993)/ 第21号(1992)/ 第20号(1991)/ 第19号(1990)/ 第18号(1989)/ 第17号(1988)/

第16号(1987)
/ 第15号(1986)/ 第14号(1985)/ 第13号(1984)/ 第12号(1983)/ 第11号(1982)/ 第10号(1981)/ 第 9号(1980)/

第 8号(1979)
/ 第 7号(1978)/ 第 6号(1977)/ 第 5号(1976)/ 第 4号(1975)/ 第 3号(1974)/ 第 2号(1973)/ 第 1号(1972)