治療の進め方

矯正で治療できる不正咬合の種類には色々あります。まずは、自分の症状を把握し、それに合った治療法を見つけることが大切です。
当院は、患者さんや保護者の方によくお話をお聞きした上で、お一人ひとりに最適な治療をご提案します。

矯正装置について

矯正装置には、多くの種類があります。お口の中に装着する装置と外(頭や顎)につける装置、取り外しできる装置とできない装置、夜だけ使う装置と一日中使う装置などです。どの装置を使うかは、歯列不正の種類や程度によります。

治療の流れ

相談

治療に対するご希望をお伺いした上で、簡単な診査を行い、矯正歯科治療のご説明をします。ご相談のみでも結構です。

相談

矯正歯科治療に必要な基本検査
(レントゲン撮影、歯型の採取、お顔とお口の中の写真撮影など)を行います。

※必要に応じて顎関節のMRI検査やCT撮影を行います。

模型分析

歯と顎の大きさの計測や形状の評価を行います。

x線写真分析

レントゲン写真から、歯や顎骨の位置関係や大きさを解析し、最適な歯並びとかみ合わせを得るための治療目標を設定します。

口腔衛生指導

矯正装置を装着すると、むし歯になるリスクが高くなります。
当科では、唾液の量や緩衝能、唾液中の細菌数を評価するむし歯リスク検査を行い、科学的なデータに基づいたむし歯予防を実践しています。
歯科衛生士が正しい歯の磨き方や、お口の中を清潔に保つコツを丁寧にご指導します。

診断

当科診断医より、検査結果と治療方針のご説明を行います。抜歯などの処置が必要な場合は、専門診療科やかかりつけ歯科医院などへのご紹介を行います。

治療

矯正装置を装着して治療を開始します。原則として、月に1回来院いただくことになります。

※治療時期や使用装置によって、来院間隔が異なる場合があります。

保定・観察

動かした歯は元の位置へ戻ろうとする傾向があります。したがって、矯正装置をはずした後も、しっかりと歯を安定させるために、歯の裏側にワイヤーをつけたり、取り外し式の装置を使っていただく必要があります。この期間は、経過観察のために年に数回程度の来院になります。

歯並びについての相談や矯正治療のご質問など、
詳しくはお電話にてお問い合わせください。

広島大学病院 矯正歯科

082-257-5703

外来の患者さまへ

はじめて受診される方へ

診療・受付時間

診療時間
9:00~12:00
13:00~18:00

初診受付は月~金
9:00~12:00, 13:00~16:00
紹介状や予約がなくても受け付けております

休診日
土・日・祝日

矯正初診相談ダイヤル

082-257-1755

受付時間
10:00~16:30
受付曜日
月~金(祝日を除く)

ご予約やその他のお問い合わせは 082-257-5703におかけください

Staff Blog

医局の活動報告 お知らせや日々のこと

矯正歯科のいろいろ 研究や治療のこと

pagetop