宇宙・素粒子科学 【大学院理学研究科 物理科学専攻】

素粒子論 大川正典,
両角卓也,石川健一

素粒子の世界の法則やなぞの解明をめざす

計算機シミュレーションを用いた素粒子の標準理論の検証,さらに標準理論では説明がつかない素粒子の質量や,対称性の破れの起源のなぞを探求することにより,新しい理論体系を研究します。
宇宙物理学 小嶌康史,山本一博,
岡部信広

相対論的宇宙物理学にせまる

ブラックホール,重力波,ガンマ線バースト,さらに宇宙全体の進化など,さまざまな宇宙現象の謎を理論と観測データから研究しています。これは地上の物質や法則を含む森羅万象理解への挑戦です。
クォーク物理学 杉立徹,志垣賢太,
本間謙輔,三好隆博

宇宙創生のシナリオ完成をめざす研究

宇宙誕生十万分の一秒後に私たちの宇宙を充たしていたクォーク物質状態を実験室に再現し,そこに発現する多様な素粒子物理現象を探求し,壮大な宇宙創成の重要な一場面を支配した,クォーク物質の包括的な理解をめざして研究しています。
高エネルギー宇宙
可視赤外線天文学
深澤泰司,Norbert Werne,高橋弘充,
大野雅功

川端弘治,
水野恒史,植村誠,
田中康之,内海洋輔,
山中雅之
観山正見
(宇宙科学センター併任)

宇宙高エネルギー現象の解明をめざす

ガンマ線衛星フェルミ,エックス線衛星すざく,広島大学かなた望遠鏡を用いて,ブラックホールやガンマ線バースト,銀河・銀河団などの宇宙高エネルギー現象の解明をめざし観測を行うとともに,観測装置の開発も行っています。

物性科学 【大学院理学研究科 物理科学専攻】

構造物性 黒岩芳弘,森吉千佳子

放射光で結晶中の電子を観る

物質の性質は電子のふるまいによって支配されています。放射光の回折現象を使って物質中の電子密度分布を精密に可視化することにより,物質固有の性質(誘電性,電気伝導性,磁性など)が現れる仕組みを研究しています。
電子物性 圓山裕,中島伸夫,
石松直樹

固体の性質を原子レベルで探る

電子が織りなす固体の性質(磁性と誘電性)を研究するために,放射光エックス線による回折,吸収,磁気円二色性,光電子分光などの実験手法を利用しています。特に,温度・磁場・圧力・電場などを複合的に組み合わせた分光実験に取り組んでいます。
光物性 木村昭夫,真木祥千子

放射光を用いた高温超伝導やナノ磁性の研究

広島大学の放射光実験施設(HiSOR)で発生する高輝度放射光を世界最高レベルの実験設備に導いて,高温超伝導発現の微視的メカニズムやトポロジカル絶縁体という新物質の電子構造の解明に挑戦しています。
分子光科学 平谷篤也,関谷徹司,
吉田啓晃,和田真一

放射光軟エックス線で探り,切り拓く分子の世界

分子進化や新しい分子創製にとって重要な役割を果たしている波長の短い光(放射光からの軟エックス線)を用いて,気体中や表面上の分子のイオン化や解離などの反応,特に軟エックス線の波長の選択によって分子の特定の結合を切断する反応の研究を進めています。

量子物質科学 【大学院先端物質科学研究科】

固体電子論 嶋原浩,田中新

固体中の電子系の量子現象を理論的に解明

この研究グループでは,強相関電子系や,さまざまな磁性体や超伝導体を研究対象とし,固体中の電子状態や磁性,超伝導への相転移を含む諸物性を,量子力学や統計力学を基礎に,紙や鉛筆,そしてコンピューターも用い,理論的な手法で研究しています。
計算物理学 樋口克彦

量子シミュレーションによる物性予測と物質設計

物質が固有にもつ性質,すなわち物性は物質中に存在する電子がどのような状態にあるかが,そのほとんどを決定しています。電子が従う量子力学の基礎方程式を計算物理学的アプローチから解き,物性を理論的に予測することによって新たな物質を設計します。
電子相関 世良正文,松村武,

低温で現れる奇妙な量子相転移を研究

この研究グループでは,低温で出現する奇妙な相転移の発見とその解明をめざしています。そのためにさまざまなマクロ・ミクロ測定手段を駆使します。
磁性物理学 高畠敏郎,鬼丸孝博,
梅尾和則
(自然科学研究支援開発センター)

電子スピンの物理から環境エネルギー物質へ

電子は集団として多様な磁性や超伝導を示します。私たちは,オリジナルな物質を創製し,その電気磁気特性を絶対零度に近い低温,強磁場,高圧力の極限環境で調べています。成果は,次世代磁性材料や廃熱を電気に変換する環境材料に生かされます。
低温物理学 鈴木孝至,八木髑ス,
石井勲

多重極限物性実験とナノ・フィジクス

極低温・超高圧・強磁場の多重極限下実験を駆使した,多極子や巨大振幅原子振動がもたらす魅惑の量子物性解明や,未来の新機能素子開発の基礎となる新奇のマルチフェロイックス系の開拓を行っています。また,ナノテクノロジーを駆使して量子力学の基礎研究を行っています。
高エネルギー物理学 高橋徹,飯沼昌隆

宇宙創生の謎に迫る高エネルギー物理学

高エネルギー加速器実験による宇宙初期の現象の研究を中心テーマとし,その中でも特に,加速器とレーザーの組み合わせによる,未知の物理現象や,そのための実験技術開発を展開しています。
ビーム物理学
加速器物理学
岡本宏己,栗木雅夫,
檜垣浩之,伊藤清一

粒子加速器開発と物質・反物質プラズマの基礎研究

「粒子加速器」は素粒子物理学から物性実験,医療,産業分野にまで広く浸透し,現代科学の基礎となっています。この研究グループでは,独自のプラズマ実験装置や高速計算機などを駆使し,新型加速器の設計および荷電粒子多体系の基礎物性研究を行っています。

放射光科学研究センター (協力講座)

放射光物理 川瀬 啓悟
松葉 俊哉

放射光源および加速器・ビーム物理の研究と開発

この研究グループでは,挿入光源と呼ばれる強い指向性と種々の偏光特性を持った短波長の光を発生する装置の開発研究や,加速器中を光速に極めて近い速さで走る電子の軌道を制御して,より高輝度の放射光源を開発するための研究に取り組んでいます。
放射光物性 生天目博文,島田賢也,
奥田太一,佐藤仁,
澤田正博,松尾光一,井野明洋
A.F.Santandar-Syro
宮本幸治,
Schwier Eike Fabian,
泉 雄大,Feng Baojie

新しい放射光実験装置の開発と物質科学研究

物質のもつ多様な性質は,いかなる仕組みで生み出されているのでしょうか。放射光の優れた性質を活用して物質を構成している原子や電子などのミクロの世界での物理現象を調べています。放射光の性能を最大に発揮できる最新の計測機器の開発にも取り組んでいます。