研究手法


電気生理学的解析
 
脳スライスからの記録
  正常マウスや遺伝子組み換えマウスの脳から薄い切片を切り出し、スライス上の神経細胞を正立顕微鏡で観察します。神経細胞からパッチクランプ記録(ホールセル記録)を行い、電気活動をオンラインで計測します。各種薬剤による神経活動の変化(薬理学的実験)やシナプス可塑性、シナプス結合の変化などを解析することができます。




生体内(In vivo)神経細胞からの記録
  麻酔をかけた生体マウス、ラットの神経細胞から、細胞外電位記録、パッチクランプ記録を行います。スライスの実験系では計測することが難しい、生きている脳内での神経活動の実態を解析することができます。







○細胞内カルシウム動態のイメージング
   パッチクランプ用の電極等から蛍光指示薬を細胞に導入したり、蛍光トレーサーを注入して軸索を染色したりすることにより、細胞の形態や、細胞活動で発生する細胞内カルシウム濃度の動態などを、高速共焦点レーザー顕微鏡システム(CSU22;横河電機)を用いて解析します。





○組織染色・形態学的解析
   脳の固定標本を薄切して組織染色を行い、共焦点レーザー顕微鏡(LSM700; Zeiss)を用いて観察します。細胞の形態や機能分子の分布を詳細に解析することができます。













     所属

   広島大学 
大学院医歯薬保健学研究院
   
神経生理学


〒734-8551
広島県広島市南区霞1丁目2-3

TEL: 082-257-5125 (教授室)
   082-257-5127 (居室)
FAX: 082-257-1622(広大内 6405)

Link

新学術領域 「グリアアセンブリによる脳機能発現の制御と病態」

新学術領域 「神経細胞の多様性と大脳皮質の構築」

新学術領域 「オシロロジー」

脳科学研究戦略推進プログラム

戦略的創造研究推進事業「さきがけ」



  広島大学 ホームページ
  広島大学 医歯薬保健学研究科

シンプル系ホームページテンプレート simple17

procedures.htmlへのリンク