広島大学教育学部 心理学教室

人間の「こころ」を理解し、その仕組みを解明

 人間の「こころ」を理解するために、認知心理学、学習心理学、社会心理学、教育心理学、発達心理学、臨床心理学など、心理学の主要な領域を網羅して教育・研究が行われており、現代社会における人間の「こころ」の問題に対応できる人材の育成を目的としています。

 豊富な図書や学術雑誌、実験室・観察室・面接室・コンピュータ室などの充実した研究設備の中で、教員・大学院生・学部生が一体となって学習・研究に取り組んでいます。

 卒業後の進路は、国家・地方公務員、高等学校教員、家庭裁判所調査官、福祉職、一般企業で活躍したり、大学院に進学して研究者になるなど、広範囲にわたっています。

公認心理師への対応について

平成27年9月に「公認心理師法」が成立し、文部科学省令・厚生労働省令によりその詳細が定められて平成29年9月には施行されます。

平成30年4月には、公認心理師法に対応したカリキュラムがスタートします。 心理学教室は、これまでの高度な研究力を重視した心理学プログラムを土台として、科学的な視点を備えた優れた実践力のある公認心理師を養成する準備を進めています。

これに関して標準コースと心理臨床学コースの説明を更新しました (2017年7月13日)。

公認心理師のQ&Aページを開設しました (2017年8月3日)。

公認心理士法施行日前に大学院の課程を修了した方を対象とする受験資格特例のために、平成元年入学~平成28年度までの期間に心理臨床学コース等を修了した方々の読み替え対応表を作成しました (2017年10月20日)。

公認心理師法施行前に教育学部心理学系コース等を卒業された方々の公認心理師受験資格取得方法についての説明ページを作成しました (2017年10月26日)。

公認心理師法施行前に教育学部心理学系コース等を卒業された方々の公認心理師受験資格取得方法についての説明ページを作成しました (2017年10月26日)。

平成30年4月に学部・大学院博士課程前期に入学される方のカリキュラムを掲載しました。このカリキュラムは2017年11月30日に、厚生労働省と文部科学省に届け出たものです。 (2017年12月28日)

PAGE TOP