広島大学教育学部 心理学教室

カリキュラム関連情報

学部

教育課程編成・実施の方針

 心理学プログラムでは、人間の心の仕組みや働きを理解し、心の測定法やデータの収集・分析などの方法を修得し、それらを実践して新たな知の探求ができるための基礎を育成します。また、実社会において生じる心や行動の問題の解決のための基礎となる知識や技能を育成します。そのために、次の方針のもとに教育課程を編成し、実践します。
 心理学プログラムの教育課程は、(公益社団法人)日本心理学会が認定する「認定心理士」、「認定心理士(社会調査)」の申請に必要な科目、並びに公認心理師法施行規則(平成29年文部科学省・厚生労働省令第3号)において大学における公認心理師となるために必要な科目として示された科目を充たすものです。

  • 1年次には、「心理学概論A・B」、「英語」、「大学教育入門」などの教養教育科目を履修して専門教育の基礎づくりを行うとともに、「心理学基礎実習」を履修し、心理学の研究を体験し、心の測定法やデータの収集・分析などの基礎的な方法を身につけます。
  • 2年次には、教養教育科目を引き続き履修するとともに、心の仕組みや働きを理解するための標準的な知識を身につけるために、「知覚・認知心理学」、「学習・言語心理学」、「社会・集団・家族心理学」、「教育・学校心理学」、「発達心理学」、「臨床心理学概論」などを履修します。
     また、人間の心について理解するための方法・技能を身につけるために、「心理学研究法」、「心理学統計法I・II」、「心理社会調査法」などの研究法科目を履修します。
  • 3年次には、心の仕組みや働きを理解するための発展的・応用的な知識を身につけるために、「神経・生理心理学」、「対人心理学」、「教育相談」、「児童・青年期発達論」、「乳幼児心理学」、「障害者(児)心理学」などの心理学各領域の特論を履修します。
  • 3-4年次には、学士課程のまとめとして、実際に心理学が使われている複数の職場を見学する「心理実習I・II」や、研究を遂行する能力・技能を身につけるために「心理学課題演習」及び「課題研究」を履修し、現代社会における人間の心や行動に関する問題解決への意欲や態度を形成します。
  • また、2-3年次にかけて、心理学の実践・応用領域や関連領域の科目として、「心理学的支援法」、「健康・医療心理学」、「福祉心理学」、「司法・犯罪心理学」、「精神疾患とその治療」、「関係行政論」などの科目を履修し、実社会において生じる心や行動の問題の解決に寄与するための知識・技能を身につけることができます。

○カリキュラムの詳細のダウンロードはこちらから
平成30年度学部入学生用カリキュラム
平成29年度学部入学生までのカリキュラム

マスター

教育課程編成・実施の方針

心理学専攻では、次の方針のもとに教育課程を編成し、実施します。

  • 多様な視点から人間の行動とその心理過程に科学的にアプローチし、現代社会における人間の「こころ」に関する課題を認識し、それらを解決するための資質を身につけることを目標として、認知、学習、社会、教育、発達、臨床、幼児等の心理学各領域に関する講義と演習、及び実践的な研究指導を行う科目によってカリキュラムを構成し、心理学全般にわたる専門的知見を有するとともに特定の領域において実証的な研究を推進できる能力を形成します。
  • また、心理臨床学コースでは、臨床心理士養成を目的とする(財)日本臨床心理士資格認定協会が定める指定大学院の要件を満たす科目群と、公認心理師法施行規則(平成二十九年九月十五日)において大学院における公認心理師となるために必要な科目として示された科目を系統的に配置し、臨床における実践力を形成するとともに、保健医療、福祉、教育その他の分野における、心理学に関する深い専門的知識や技術を形成します。

○カリキュラムの詳細のダウンロードはこちらから
平成30年度大学院博士課程前期入学生用カリキュラム
平成29年度大学院博士課程前期入学生までのカリキュラム

ドクター

教育課程編成・実施の方針

教育学習科学専攻では、年齢、性別、職業、母語・母文化等にかかわらず、世界中の誰もが時間と場所に応じて学ぶことのできる生涯学習社会を実現するため、学習開発学、教科教育学、日本語教育学、教育学、心理学、高等教育学の6分野において、次のような方針で教育課程を編成し、実施します。

  • 教育と学習を統合的システムとしてとらえた先端的教育・研究を行います。
  • 主任指導教員と複数の副指導教員(学外教員を含む)による指導体制のもとで学生の研究課題に応じたきめ細やかな研究指導を行い、独創的で優れた博士論文を完成できるようにします。
  • 授業科目は、「講究」、「特別研究」、「プロジェクト研究」、「プラクティカム」の4種類です。そのうち、「講究」と「特別研究」は在学期間中の学生の専門性の深化を目指す科目であり、「プロジェクト研究」と「プラクティカム」は学生が学位取得後に広範囲な教育関連領域で活躍することのできる資質の育成を目指す科目です。
  • 主任指導教員以外が担当する「講究」を必修としたり、「プロジェクト研究」を選択科目としたりすることによって、学生が専門領域に関する深い見識を得るだけでなく、関連分野・領域をも俯瞰する能力を身につけ、さらには異なる分野・領域への関心に基づいた学際性を備えられるようにします。
  • 専門領域を活かした国内外の大学教員としての自覚を高め、必要な知識と技能、教育実践力を育成するための授業科目「プラクティカム」(選択科目)を提供します。

○カリキュラムの詳細のダウンロードはこちらから

PAGE TOP