広島大学教育学部 心理学教室

マスター

コース紹介

人間の行動とその心理過程を、認知心理学、学習心理学、社会心理学、教育心理学、発達心理学、臨床心理学、幼児心理学などの視点から科学的にアプローチし、現代社会における人間の「こころ」の問題に対応できる人材育成を目指して高度な研究・教育を行っています。博士課程前期修了生の進路は、研究者を目指して大学院博士課程後期へ進学する人、あるいは臨床心理の実践専門家(臨床心理士、産業カウンセラー等)、高等学校教員、国家・地方公務員、家庭裁判所調査官、福祉職、一般企業など、多岐にわたっています。

標準コースと心理臨床学コース

心理学専攻には、標準コースと心理臨床学コース(臨床心理士養成用教育プログラム)があります。

標準コースは、認知心理学、学習心理学、社会心理学、教育心理学、発達心理学、臨床心理学、幼児心理学の各領域から、人間の「心」に関する研究を行い、現代社会における「こころ」の問題に対応できる人材の育成をめざします。

心理臨床学コースは、日本臨床心理士資格認定協会認定の臨床心理士養成第1種指定大学院として、臨床実践の力量形成を中心にすえたコースです。コース修了と同時に臨床心理士資格試験の受験資格が得られます。また、心理臨床学コースでは、平成30年度入学生より公認心理師国家試験受験資格の取得も可能となるよう、カリキュラムの見直しをしています。公認心理師もしくは臨床心理士の受験資格を取得しようとする人は、心理臨床学コース(臨床心理士養成用教育プログラム)を修了する必要があります。

なお、公認心理師の資格取得を希望する場合は、学部において公認心理師に必要な科目の単位を修得しておく必要があります。公認心理師に必要な学部の科目の履修については出身大学で確認してください。

標準コースと心理臨床学コースのいずれに入学しても、認知心理学、学習心理学、社会心理学、教育心理学、発達心理学、臨床心理学、幼児心理学のいずれかの領域(所属研究室)を選択し、研究指導を受けることができます。

PAGE TOP