トップページ 学習情報 写真・日記
出版案内
プロフィール
  レポートの書式

読みやすいことが原則。
下記の要領をよく読んで、きれいなレポートを作って下さいね。

  レポートを作成するまえに、論文の書き方を参考にして必ず論立てをすること。
            
「論立て」の書式はここをクリック!             

1) 期末レポートには
上記の「論立て」を必ずつける。さもないと読んでもらえない。

2) 英語作品についてのレポートだから横書きがよい。
 
3) 原稿はワープロ作成で用紙はA4を使用。 手書き原稿は受け付けてもらえない

4) 原稿には、上下3c m、右に3c mくらいの余白を取る。
  (これはめやすだから、ヘッダーやフッターを使うかどうかで少し変わってもかまわない)

5) 1ページの文字分量は、29行X34文字(全角)を目安とする
   (あまり詰めると読みにくいし、コメントも入れてもらえないだろう?)

6) 地の文字は、日本語は平成明朝、英語はTimes New Roman、文字サイズは11がいい。
   章題などは少し大きめで、スタイルも変えて、ゴシックにするといい。
  (ただしこれはめやすなので、美しく見えるように好みで調整して構わない)

7) ページ番号を各ページの右肩上下中央に打つ。 ページ番号は必ず打つ。

8) 段落の初めは1字分(全角)字下げ。

9) 英単語は半角。

10) 数字に関しては、すべて西洋数字にするか、年月日やページ数のみ西洋数字で、その他は漢数字にするなど、いろいろな方法がある。 どのような形式を用いるにしても、1論文中では統一した使い方をすること。

11) 著者名、登場人物の名前、作品名に関しては、すべて原語表記するか、 あるいは、初出において原語表記を示し、あとは日本語で書き続ける。
   どちらの場合も、ひとつの論文内での表記は必ず統一する。

12) 英文の書名イタリックで記す。イタリックが使用できない場合は、下線でもってイタリックであることを示唆する。  (cf.  The Catcher in the Rye
  英文の短編小説論文は、“”でくくる。 (cf.  "A Perfect Day for Bananafish")

13) 和文の書名『』でくくる。(例:『ライ麦畑の捕手』)
   和文の短編小説論文「」でくくる。(例:「バナナ魚にはもってこいの日」)

14) 作家名や登場人物名の原文表記は飾りなしで用いる。“”でくくらない。

15) 日本語によるレポートや論文においては、上述の名前に関する原語表記を除き、英単語をむやみに使用してはいけない。
   日本語によるレポートや論文において英単語を使用するのはその単語が特殊な意昧を含んでいるため翻
訳不可能な場合に限られる。従って、その場合には、この語の特殊な意味を必す説明する文章が伴われているはず。

16) 直接、間接を問わず人の意見を参考にした場合は、必ず用の仕方」を参照にして、出典と出典箇所 を明記すること。同様に、本文からも引用を用いる場合も、用の仕方」を参照にして、必ず出典と出典箇所を明記すること。 出典を示さないものは剽窃!

  「引用の仕方」は僕が案内しよう。
 
「Works Citedの書き方」は私が教えちゃおう!
 


ここに書いたのは、最低限だれでも守れるし、守らなくちゃならないこと
でも、あくまで論文の見かけのことだから、しっかりした内容の論文を書きたいと思う人は、「論文の書き方」を右のコナン君に教わってくださいね

                                 (ここをクリック⇒)

 トップページへ